質問 むち打ちの慰謝料をアップさせる方法はありますか?


 むち打ち症状の場合の慰謝料金額


今回は「むち打ち症状の場合の慰謝料アップ方法」というテーマでお話をしたいと思います。

基本的に保険会社は何もしなければ慰謝料について低い金額を言ってきます。

そこから裁判所も認めるような正しい金額で示談をするためにはどうしたら良いのかという趣旨になります。

むち打ちの裁判所での慰謝料の相場はどれくらいかということですが、骨折や3か月入院するなどの重傷の場合とむち打ちなどの軽傷の場合には慰謝料の基準金額が異なります。

むち打ちの場合は軽傷の基準になりますので、裁判時の基準で言いますと3か月通院した場合で53万円、6か月通院した場合は89万円というのが一般的です。

この裁判の基準は示談の基準からすると高いです。

一般的な保険会社から入ってくる金額で言えば3か月ぐらいで40万円程度、6か月であれば50~60万円程度が多いです。

保険会社は自賠責保険の基準で行いますので、3か月であっても通院回数が多い場合にはある程度高い金額になることはあります。

 「通院実績」を積み上げましょう


例えば週3回6ヶ月間通院しているケースでは、70万円ぐらいになってくることもあります。

したがって、保険会社もまるででたらめな金額を言ってくるわけではありません。

反対に6か月通院しても通院日数が少ない場合は保険会社から入ってくる金額は少ないです。

その場合は裁判でも慰謝料金額が低く見られがちです。

やはり週2回コンスタントに病院に行っていた場合と月1回だけ通院していた場合では裁判所の見方も違います。

もちろん病院の先生の方針で「むち打ち症状は自然治癒しかないから痛み止めを飲んで後は家で安静にしてください」という方針の先生も確かにいます。

月に1回しか病院に行っていないからといって、痛みが少ないわけではないと思いますが、裁判所は病院に行った回数でしか判断できないですから、どうしても実績がある方が高い慰謝料をもらいやすいです。

また、通院実績が少ない場合には早期打ち切りの対象になってしまう問題があります。

一方で週3回通院していれば保険会社も滅多に打ち切りを言ってきません。

3か月ぐらいで「そろそろ怪我が治ったのではないですか?」と言ってくるかもしれませんが、そういう時には治療実績を上げて反論できます。

保険会社も病院の治療実績を見ているので、客観的な実績を積むことが大事です。

では、どれくらい積み上げたら良いかと言いますと私の経験上は週2回以上の通院だと思っています。

週4日通院しても構いませんが、週4回通院するのは大変ですね。

仕事が終わってから病院に行くのは結構難しかったりしますから、週2回の通院がバランス良く実行しやすいです。

実際に週2回、月8回通院していれば滅多に打ち切りがないので6か月間通院しやすいですが、可能なら月10回通院していると、後遺障害認定が取りやすいですし、示談の話もしやすいので弁護士的にはありがたいです。

 最初の受診時に痛みの部位を全て伝えましょう


それから最初に病院に行った時の診断が結構大事で、痛みがある箇所を全部伝えることです。

多くの人が、最初の受診時に首が最も痛かったら「首が痛いです」とそればかり言って、他の痛みの場所のことを言っていないことは結構あります。

3ヶ月後ぐらいに首が良くなってきてから、次は腰が痛いと伝えても病院の先生から見ると突然痛い箇所が増えていくことは不審に思います。

悪いことをしているわけではないですが、不審がられる行為はすべきではないと思います。

したがって、最初の段階で痛い箇所を全部伝えるべきだと思います。

それから病院の先生と良好な人間関係を維持することです。

病院の先生は真面目ですから、治療を継続したいと伝えれば自然と好意的になります。

ですから、「来週の水曜日にまた来ます」と言った際には必ず行き、病院の先生との約束を真面目に守りましょう。

最後に、本音は慰謝料の件で通院を継続したいところがあるかもしれませんが、病院の先生にとっては慰謝料の問題は関係がないことですから、あくまで自分が怪我を治したいから通院しているということを伝えることが大事です。



 

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

交通事故サイトからのご相談
お名前  *
 例)山田太郎
お電話  *
 *半角英数
メールアドレス  *
 *半角英数
弁護士費用特約が使えますか?
ご相談内容  *