さぬき市 交通事故の弁護士相談


さぬき市の紹介

さぬき市は、香川県東部にあります。

瀬戸内海に面しており、志度湾、津田湾、という港があります。

香川県と徳島県との境界があります。標高500メートルから790メートルほどの讃岐山脈の一部があります。

さぬき市は、2002年(平成14年)の「平成の大合併」によって成立した、新しい市です。

それまで存在していた、津田町、大川町、志度町、寒川町、長尾町が新設合併しました。

市庁舎は、旧志度町に置かれています。

さぬき市の名称は、香川県の旧国名である「讃岐(さぬき)」の発音に由来しています。 2021年現在の人口は、4万6493人となっています。

交通事故発生状況



さぬき市の交通事故発生は、近年、急速に改善しています。

平成27年までは、交通事故発生件数は、年間300件から400件で推移していました。

ところが、平成28年に、300件以下となり、年間276件となりました。

その後、平成29年には264件、平成30年には208件、令和元年には151件、令和2年には109件となっています。

したがって、さぬき市の交通事故発生状況は、数字のうえで、明らかに改善傾向にあります。


死亡事故件数

さぬき市の死亡事故件数は、毎年、1桁人数で推移していました。

令和2年には、はじめて、死亡事故件数が0件となりました。

これは、とても名誉なことです。 これからも、さぬき市で、交通事故により死亡する人が0人のままであってほしいと思います。

さぬき市の被害者からの法律相談(1)…「示談の提案の内容が分かりません」


交通事故の被害を受けて、病院で通院治療をしていました。

6か月ほど治療をしました。 このたび、保険会社から「示談の提案」という文書が送られてきました。

しかし、難しい言葉ばかり書かれており、私には、意味が良く分かりません。

保険会社に聞いてみましたが、内容を説明してもくれません。

どうしたらいいでしょうか?


弁護士の回答

「示談の提案」という文書には、今回の交通事故によって発生した損害について、具体的に何円を支払いします、という提案が書かれています。

ただし、保険会社から最初に提案された金額は、疑ってかかった方がよいです。

保険会社は、支払い金額を少なくするために、低い金額での提案をしてくることがあるからです。

保険会社の提案が、正しいものであるのかは、専門の弁護士に相談するのがよいと思います。

交通事故に詳しい弁護士であれば、保険会社が出してきた「示談の提案」という文書を読み込んで、金額が正しいものかどうかを教えてくれます。



さぬき市の被害者からの法律相談(2)…「慰謝料とは、どういうものですか?」


知り合いから、交通事故の被害に遭ったときには、「慰謝料」というものを請求できるよ、と教えられました。

「慰謝料」というものは、どういうものでしょうか。

交通事故の被害を受けて、3か月ほど病院に通院治療しましたが、私も請求できるものなのでしょうか。


弁護士の回答

「慰謝料」とは、「いしゃりょう」と発音します。

「慰謝料」とは、精神的な苦痛という損害に対して、金銭で埋め合わせをすれば、何円になるか、という金額のことです。

交通事故でケガをした場合には、被害者は「痛い」という苦痛を感じることになります。この苦痛が、精神的苦痛です。

ですので、交通事故でケガをした被害者は、全員、慰謝料を請求できるのです。

ケガの大きさは、病院への通院日数で計測します。

ですので、交通事故の被害を受けた場合には、病院にマメに通院して治療を受けることが大事です。

病院への通院が3か月程度でしたら、マメに通院している場合には、約50万円程度を請求できる可能性があります。

ぜひ、弁護士に相談してください。



【関連情報】動画…「慰謝料」とは、どういう意味ですか?



さぬき市の交通事故解決事例


さぬき市に在住の田中さん(仮名)は、交差点で、右折待ちをしているときに、左方から交差点に進入してきた10トントラックに衝突されました。

トラックは赤信号無視で突っ込んできました。

トラックは、幸いにして、田中さんの自動車の側面を、かすっただけでした。

もしも、トラックが田中さんの被害車両の真後ろから追突したのであれば、死亡事故になっていたと思われました。

ただ、かすった程度であるとはいえ、トラックによる衝撃ですから、田中さんは、むち打ち症状となってしまいました。

保険会社は、「ケガが大きくないので、3か月で治療を打ち切ってください」と言ってきました。

納得できなかった田中さんは、弁護士に相談しました。

弁護士は、交通事故が発生したときの被害車両の修理代金を見たところ、50万円程度であったので、

「50万円くらいの修理金額がかかっているほどの衝撃があったのだから、人体に大きな衝撃があったはずだ」
ということを論証しました。

保険会社は、これを受けて、病院への通院の継続を認めました。

その後、6か月の通院をしたあと、田中さんは、弁護士の交渉によって、十分な慰謝料を賠償してもらえました。

保険会社の言いなりになっていたら、3か月で通院を打ち切られていましたので、弁護士に相談して、受任してもらった甲斐があったと思います。


【関連情報】
→質問 保険会社から「治療費の支払いを打ち切る」と言われましたが?

さぬき市の交通事故被害者のために役立つリンク集


さぬき市役所 身体障害者手帳の交付手続きのページへ

さぬき市の重心医療制度の紹介(医療費の助成制度)


障害者の方に対するタクシー助成制度

香川県交通事故情報提供システムのページへ

交通安全動画の紹介ページへ

さぬき警察署のページへ

交通事故の弁護士費用


 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

交通事故サイトからのご相談
お名前  *
 例)山田太郎
お電話  *
 *半角英数
メールアドレス  *
 *半角英数
弁護士費用特約が使えますか?
ご相談内容  *