丸亀市 交通事故の弁護士相談


丸亀市の紹介


丸亀市は、香川県の中で、高松市に次ぐ第二の街です。

 

いわゆる西讃地方、中讃地方の要となっている都市です。

市の中心部には、丸亀城があります。 市民の誇りと言ってよいでしょう。

伝統的な産業としては、「うちわ」の生産が、今もなお盛んです。

全国の「うちわ」生産量の9割を占めています。

歴史的には、江戸時代に、京極氏によって治めら、城下町として発展しました。瀬戸内の貿易航路の一部であり、当時としては、大変に豊かな土地柄でした。

平成17年に、丸亀市は、綾歌町、飯山町と合併しました。 この合併によって、現在、人口11万人となりました。

交通事故発生状況


人口あたりの交通事故発生率は、香川県の中でも上位3位となっています。

丸亀市は人口約11万人であり、西讃地域で有数の人口を持つ都市です。

人口を交通事故の発生件数で割ると、交通事故発生率は1.35パーセントとなります。 香川県の交通事故発生率トップは宇多津町、2位は坂出市です。 丸亀市は、これに続く3位となっています。

香川県の中でも、交通事故の発生件数の多い都市です。 交通事故には気をつけましょう。

丸亀警察署の統計では、市内の人身事故の発生件数は、令和元年は661件、令和2年は572件でした。前年比で約13パーセント減少したということになります。

また、市内おける交通事故の死者数は、令和元年には11人、令和2年には10人でした。前年比で10パーセント減少したということになります。

丸亀市の被害者からの法律相談(1)…「加害者が謝罪もしません!」


被害者は、市内の交差点で、赤信号待ちで停車していました。

後方から、ブレーキを踏み忘れて、ノーブレーキで加害者が運転する自動車が突っ込んできました。

相手の方は、100パーセント、自分のミスで事故を発生させておきながら、謝りもしません。

こういう場合、被害者としては、どうしたらいいのでしょうか。

(1)の相談への弁護士の回答


赤信号で停車中なのに後方から突っ込むとは、大変に悪質な運転だと思います。

加害者は、厳しく処罰されるべきだと思います。

まずは、警察に対して、人身事故として被害届を提出しましょう。

きちんと被害届を提出しておかないと、加害者が刑事事件としての処罰を受けないことがあり得ます。

悪質な運転をする人に対しては、被害者が厳しい処罰を要求することが一番です。


丸亀市の被害者からの法律相談(2)…「3か月で治療打ち切りと言われました!」


丸亀市飯山町に住んでいます。 交通事故の被害を受けました。

加害者が加入している保険会社の担当者と話をしているのですが、保険会社が、事故から3か月なので、治療を終了してほしいと言ってきています。

事故から3か月たつと、治療を終了しないといけないのでしょうか。

(2)の相談への弁護士の回答


事故から3か月が過ぎたからといって、治療を終了させないといけない理由はありません。

保険会社の担当者が「3か月で治療を終了させて」と言ってきたら、「治療を継続します」と言い返しましょう。

じつは、保険会社の担当者は、被害者の状態を見て治療の終了を言ってきているのではなく、機械的に、全員に対して、「3か月で治療を終了させて」と言っているのです。

ここで、変に担当者に同調してしまって「じゃあ、3か月で終了します」と一言でも言ってしまうと、本当に3か月で治療を終了しないといけないことになります。大変なことです。

必ず「治療を継続します」と言い返してください。

【関連情報】
よくある質問と回答…保険会社から「治療費の支払を打ち切る」と言われましたが?


丸亀市の交通事故解決事例


中山さんは、一人で乗用車を運転中に市街地にて信号待ちをしていたところ、突然後ろから脇見運転をしていた乗用車に追突されてしまいました。

加害者は前方不注意ということでしたが、あまりスピードを出していなかったため、交通事故の程度というのはそんなに大きくないようにも見えました。


しかし、中山さんは首に痛みを感じて検査をおこなったところ、「むち打ち症(頚椎捻挫)」という怪我を負ってしまいました。

激しい事故ではありませんでしたが、中山さんの首の痛みはなかなか取れずに仕事にも支障が出てしまうほどでしたので、会社を休んだり、遅れて出社したりして完治を目指して日々治療を続けていました。

中山さんには、ポイントとなる治療費に関しましては、医師が症状固定(これ以上治療を続けていても改善が見込めないという状態)という判断をするまでは、きちんと治療を続けていき、万が一症状固定以降に痛みなどの後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害の等級認定申請をおこなっていくということ、さらに休業損害費に関しましては、きちんと補償してもらい、適正な賠償金が得られるように当事務所が保険会社との示談交渉をおこなっていくことをご説明させていただきました。

その後、中山さんは症状固定の日までしっかりと医療センターにて治療をおこなっていきましたが、やはり首から腕にかけての痛みや違和感などの後遺症が残ってしまい、後遺症障害の等級認定申請をおこないました。

そして、中山さんは後遺症障害の14級という認定がなされ、この後遺症慰謝料、さらには休業損害費、通院慰謝料などの項目についての賠償金をもらえるように当事務所が保険会社との示談交渉をして、総額585万円にて無事に示談が成立いたしました。


中山さんからは、「治療中に相談をしていたことで、どのように治療を続けていけば良いのかが分かったこと、後遺障害の等級認定申請や示談交渉についても充分余裕を持って準備が出来、納得いく金額を受け取ることが出来ました。」という喜びの声が寄せられております。


【関連情報】
→弁護士が関与した交通事故の解決事例集のページへ

丸亀の交通事故被害者のために役立つリンク集


丸亀市役所 身体障害者手帳の交付手続きのページへ

香川県交通事故情報提供システムのページへ

丸亀警察署のページへ

交通事故の弁護士費用


 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

交通事故サイトからのご相談
お名前  *
 例)山田太郎
お電話  *
 *半角英数
メールアドレス  *
 *半角英数
弁護士費用特約が使えますか?
ご相談内容  *