死亡事故 2000万円から4500万円に示談増額できた事例

足立さん(仮名)の解決事例

死亡事故の高額になる賠償金額も、さらなる増額が出来ることも


1.事故発生

足立さんは自転車で買い物に出かけた帰りに交差点にて横断者の確認を怠って左折してきたワンボックス車に衝突、そしてそのまま転倒し地面に叩きつけられる形で、意識不明の重体に陥りすぐに救急車で病院に搬送されました。

その後、脳挫傷、頭蓋内出血という診断で開頭手術など懸命な措置を受けましたが、交通事故から5日後に息を引き取られました。

2.依頼・相談の経緯

それから半年ほどが経ち、加害者側の保険会社から、今回の死亡事故の損害賠償金について足立さんのご遺族の方に連絡がありました。

その際の賠償金額というのが2000万円というものでありましたが、果たしてこの金額が正しいものであるのか、一般的に金額だけを見ると高額ですが足立さん自身に全く費がない事故で、しかも死亡事故という重大な事故ですので、この賠償金額についても慎重に考えたいということで、当事務所にいらっしゃいました。

3.当事務所の活動

当事務所でこちらの賠償金額を算出してみたところ、保険会社から提示されたものは、慰謝料や逸失利益など、さまざまな項目において裁判所が基準としている金額よりも低く設定されていることが分かり、きちんと請求をおこない賠償金額の増額が出来るということを足立さんのご遺族にお話し、当事務所が保険会社と交渉をしていくことになりました。

保険会社と交渉を始めてみると、当事務所が算出した金額は裁判にならないと支払うことは出来ないという強気の姿勢を見せておりましたが、これはご遺族の方が訴訟にしたくないということを希望していたことを分かった上でのことでした。

しかし、だからといって当事務所は保険会社の提示を受け入れるわけではありません。粘り強い交渉を続けていき、こちらが提示する裁判所の基準での賠償金額にほど近い4500万円という金額を支払うという内容での示談を成立させました。

4.当事務所が関与した結果

足立さんのご遺族の方々からは、
「賠償金額が高額なだけに、自分たちで交渉をしてもよく分からずに、もし相談をしなければ保険会社の言うとおりに示談を進めてしまっていました。適正な賠償金額を認めさせてもらえたのは、やはり実績のある事務所に相談したからだからこそだと思います。本当に有難う御座います。」
という感謝のお声を頂戴しております。



お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

Copyright (C) 2012 Yoshida Yasuro Law office. All Rights Reserved.