後遺障害14級 320万円から756万円に2倍以上増額できた事例

坂下信二さん(仮名)の解決事例

自動車同士の事故 「保険会社からの無理やりな示談交渉に応じる必要はありません」



1.事故発生

坂下さんは、市街地を自動車で走行中に、一時停止を無視して突っ込んできた自動車と衝突してしまい、急性硬膜外血腫や胸部、腹部の挫傷、右手首の骨折という怪我を負ってしまいました。

幸いにも急性硬膜外血腫につきましては、治療の開始も早かったため、きちんとした手術によって血腫が取り除かれて、経過観察も含めて六ヶ月ほどの治療期間によって後遺障害が残ることなくしっかりと完治させることが出来ました。

しかし、右手首の骨折では、関節を上手に動かすことが出来なくなってしまうという後遺障害が残ってしまい、等級認定申請をおこない14級が認定されました。


2.依頼・相談の経緯

その後、加害者側の保険会社から連絡があり、示談についてのやり取りが始まりましたが、内容が複雑でありながらも、保険会社の担当者は難しい用語ばかりを使うためになかなか内容をきちんと理解出来ないまま、早く示談を済ませたいという焦らされているような雰囲気を感じたため、坂下さんが当事務所にご相談にいらっしゃいました。


3.当事務所の活動

当事務所が示談交渉を始めたところ、やはり素人である坂下さんに適正な示談金額が提示されておらず、入通院の慰謝料や、後遺症慰謝料などにつきましては裁判所の基準よりも下回っている金額にて示談をするように言われており、到底納得できるようなものではありませんでした。

4.当事務所が関与した結果

当事務所では、きちんと正当性を認めるように交渉をしていき、当初提示されていた金額のおよそ2倍である756万円にて示談を成立させることが出来ました。


保険会社の中には、強気な態度で被害者の方が内容を把握していないことが分かっていながらも早く示談をするように迫ってくるという担当者もいますので、分からないことがあったり、納得出来ないような金額を提示されたという場合にはすぐに決断をする必要は御座いません。


坂下さんからは、
「保険会社の担当者の対応も悪く、やり取りを続けるうちにそれがストレスになって、早く終わらせるためにあやうく納得しない金額でも示談をしてしまいそうになった。きちんと交渉をしてもらって、賠償金も増額されたので本当にうれしい。」
という喜びの声をいただいております。




お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

Copyright (C) 2012 Yoshida Yasuro Law office. All Rights Reserved.