後遺障害12級 736万円から2000万円に示談増額できた事例

増渕圭太さん(仮名)の解決事例

将来の職業に影響が出てしまう事がある怪我に対しての逸失利益を主張



1.事故発生

増渕さんは、原付バイクで道路の左端を走行中に、左右を確認しなかった左折車に巻き込まれる形で接触してしまい転倒してしまいました。

その際に、左手を地面についたため左手首の骨折、さらには被っていたヘルメットがフルフェイスタイプでは無かったために、顔に石が突き刺さってしまい深い切り傷を負ってしまいました。


2.依頼・相談の経緯

増渕さんは役者を夢見て現在は雑誌モデルのアルバイトをしたり、劇団に所属したりしていました。


ですので、この顔に負ってしまった傷跡が現在のモデルのアルバイト、さらには将来の役者の仕事にも影響があることは間違いないといえるのです。

それにも関わらず、相手側の保険会社から提示された736万円という示談金額には、顔に残ってしまっている傷跡についての賠償が一切なかったのです。

増渕さんは、保険会社の、そういう考えには納得できないと考えて、弁護士を探し、当事務所に、ご相談にいらっしゃいました。


3.当事務所の活動

当事務所は、症状固定を迎えても傷跡が残ってしまった場合には、後遺障害の認定を受けられることをお話ししました。

、さらに現在のアルバイトにも、さらには将来の職業にも影響が出てしまうということをポイントとした示談交渉をおこなっていくことをご提案し、増渕さんより正式にご依頼いただきました。


増渕さんの怪我の状況は、手首の骨折につきましては後遺症も残らずに今まで同様に動かすことが出来るようになったため一安心とは言えました。

4.当事務所が関与した結果

だったのですが、やはり顔はかなり深く広範囲な傷だったために傷跡が残ってしまい、後遺障害等級認定申請をおこない12級が認められました。

さらに、示談交渉では、この顔の傷跡によって将来の職業に影響が出てしまうということで遺失利益を認めてもらうように交渉を続け、2000万円を受け取ることが出来るようになりました。

これは、当初保険会社から提示された金額の 倍であり、増渕さんからも、やっと納得出来る解決にいたることが出来て良かったです。というお言葉をいただきました。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

Copyright (C) 2012 Yoshida Yasuro Law office. All Rights Reserved.