脳の後遺障害


脳は身体全体の司令塔とも言える器官であるため、身体の中でもっとも重要な器官であると言えます。

脳は『水の中に浮かんだ豆腐』と称されるように、大変柔らかくデリケートな器官で、頭蓋骨の中で脳漿(脳脊髄液)の中に浮かんでいるような状態で、身体の各器官から送られる情報を受け取り、適切に処理をして各器官に指令を出すため、膨大な酸素(血液)と栄養(ブドウ糖など)が必要です。

そのため、酸素欠乏症や空腹時には、脳が正常に働かなくなり、俗に言う『頭が回らない』状態になったり、気を失ったりします。

身体の中でも最も重要な器官を守るため、頭蓋骨は厚く硬い骨なのですが、交通事故などの激しい衝撃で頭蓋骨骨折が起こる場合があります。

骨折をした頭蓋骨が脳を傷つけてしまうと、脳に重大な障害を与えてしまう事があります。 また、頭蓋骨骨折をしなくとも、脳脊髄液内で浮いている脳が衝撃で頭蓋骨に衝突し、の脳内出血や脳浮腫を引き起こすこともあります。

大脳と小脳の働きは異なる

脳は『大脳』と『小脳』の2つに分けられます。

大脳は脳の約85%を占めており、思考や感情など『人間が人間らしくいられる』ものを司っています。

一方小脳は脳の全体の10%ほどで、知覚と運動神経のコントロールを担っており、平衡・筋緊張・随意筋運動の調節を行っています。

さらに大脳は、『前頭葉』・『頭頂葉』・『側頭葉』・『後頭葉』の4つに分けられます。

前頭葉は、論理的思考や計算など知的な活動を司っており、人類が発展していったのも進化による前頭葉の肥大化が一因とも言われています。

頭頂葉は五感・温感・冷感・痛感の信号を受け取り、感知した情報を皮膚に送り返します。

側頭葉は音声や文章を理解しており、ここに損傷が起こると
「声は聞こえているが理解できない。」、
「書かれている文章が理解できない」
と言ったことが起こります。

後頭葉は視覚と綿密な関わりがあり、色彩などを認識しています。

さらに、扁桃体は感情を処理し、学習や記憶に関係してきます。

海馬は短期記憶をつかさどり、海馬で記憶された物を選別して、残ったものを長期記憶へと変化します。

このように脳は1塊に見えても、働いている箇所により役割も違うため、怪我で損傷をしたり、浮腫が起こり細胞が破壊されたり、血流が足りずに酸素欠乏から壊死してしまうと、それぞれが司っている器官に障害が現れます。

「麻痺」が脳障害の典型的な症状

運動面で一番多く現れるのが麻痺です。

例えば歩く動作の場合、脳が足をあげて前に1歩だすために、足の筋肉を収縮させろと脳から命令が行きます。

命令を受け取った足は足を曲げ始めますが、バランスを崩して転倒しないように、脳が身体の現在の状況を視覚や平衡器官などで確認しつつ、腕などを使ってバランスを取りに行きます。

その間、呼吸をしたり温度を肌で感じたりと、脳はフル活動で働いているため、どれか1つでも脳の機能に障害があると、うまく歩けなくなってしまう可能性が大きいのです。

また、脳の細胞は約150億あるのですが、25歳を過ぎた頃から脳細胞は毎日約10万個死んでいき再生しません。

そのため脳に何らかのダメージを負ってしまうと、再生しないため完治は難しいと言えます。

リハビリや訓練で脳機能が回復したり、脳障害による身体の機能不全が軽減されることがあるのですが、脳が損傷した部分が回復したのではなく、リハビリなどにより脳の中にある神経伝達回路が増えたり太くなることで、情報のやり取りが複雑なものにも対応でき、かつスムーズに行えるようになるのが理由のひとつです。

また、考えたり体を動かすことにより、脳が活性化したり、血流量の増加により活発化するため、脳障害にリハビリが有効であると言えるため、交通事故で脳に障害が出た場合には、示談後も継続的なリハビリを行う必要があると言えます。

 

日常生活への影響

脳は身体の司令塔であるため、交通事故で後遺障害を負ってしまうと、あらゆるパターンの後遺障害が生じます。

一番重篤なものが脳死です。 脳が死亡してしまうと、身体が健康であっても脳から生命維持に必要な指令が来ないため、身体は生命活動を辞めてしまうので、人工呼吸器などの生命維持装置なしでは生きることができません。

「遷延性意識障害」は非常に重い障害です

次に重篤なものが遷延性意識障害です。

脳死と遷延性意識障害との違いは、脳死は脳波がフラットで脳が機能していない状態なのですが、遷延性意識障害は大脳などに障害があり意識不明ではありますが、生命維持に必要な脳幹や小脳は機能しており、自発呼吸などの生命維持を自力で行えます。

脳の障害で生じる日常生活の支障で、主なものでは麻痺が上げられます。

交通事故による脳のダメージによる麻痺と混同されて言葉が使われる脳性麻痺ですが、脳性麻痺は胎児や乳児の時になんらかの脳の障害が生じて発症するもので別物です。 脳の障害で起こる麻痺ですが、原因がいくつかあります。

『運動を司る部分の脳に障害がある』・『神経伝達を司る部分の脳に障害がある』・『血流を司る部分の脳に障害がある』など、同じ麻痺のように見えても起因が違う事が多々あります。

脊髄損傷の場合は脊髄の構造上麻痺が起こるのは足である事が多いのですが、脳の場合は全身の神経とつながっているため足に多く現れるとは限りません。

手や指、肩や顔などのほかに、腹部や臀部など部分的に麻痺が現れることもあれば、複数個所、身体全体に麻痺が起こるケースもあります。

麻痺の強さも違い『筋肉が硬直して関節も動かせない』・『筋肉が弛緩して力が全く入らない』・『口がうまく動かないため、明瞭に発声できず会話がしづらい』・『軽いしびれを感じるが、他のことをしていると気にならない』と個人差があります。

予想しない場所が麻痺することがあります

脳は体全体の神経の司令塔であるため、あらゆる場所に障害が現れる可能性があります。

「交通事故で顔面を強打してから、臭いを感じなくなったので、鼻に障害があるのかと思ったら、脳に損傷個所が見つかった。」

「交通事故後、怪我をした足が冷たくこわばった感じがあるので精密検査をしてみたら、反射性交感神経委縮症で、足自体に問題はないが交感神経と脳に問題があった。」

「交通事故前にはなかった難聴が発症したので耳の精密検査を受けたが異常がなく、念のため脳の精密検査を受けたところ、脳に異常があった。」
と、いうように交通事故以前と比べて日常生活に支障が出るほどの異常が出ているにもかかわらず、患部の精密検査をしても異常が見つからず、全身の精密検査をしてやっと脳の損傷が原因であったということが分かるということもあります。

軽いケガでも脳障害が発生する可能性があります

高齢者が交通事故にあった場合には、「年齢的なもの」と医者自体も看過してしまう事があります。 特に「交通事故前から足が痛かったが、事故にあってからは足が上手く動かない。」と言う場合には、
「レントゲンを見ても足や脊髄に問題はないので、たまたま交通事故のタイミングで痛みが出ただけ。湿布と鎮痛剤で数週間治療すれば元に戻るだろう。」
と、医師も判断してしまう事が多いです。

『脳の損傷』と言うと、頭を強烈に打った場合に起こると思いがちですが、実際は転倒程度の衝撃でも脳の損傷が起こるため、数十キロで走行する何トンもある自動車の衝突で脳に障害が起こる事も十分あり得ます。

頭を直接的に打っていなくとも、揺さぶられることで頭蓋骨内で脳が頭蓋骨にぶつかり、脳にダメージが生じることがあり、乳幼児の『揺さぶられっ子症候群』と同じ原理です。

脳の障害により日常生活に支障が出ると、基本的に交通事故以前の状態に回復することは非常に難しいです。

脳細胞は再生しないため、一度ダメージを負ってしまうと回復しないため、発症した症状は後遺症として一生付き合わなければならないからです。

 

脳に関する後遺障害認定について

交通事故での脳に関する後遺障害は、『脳にどれだけの障害を受けているか』ではなく『どれだけの障害が現れているか』が重要になります。

脳は体全体の司令塔であり、脳に障害があると体のどの部分にも障害が出る可能性があり、また麻痺や機能不全など症状の現れ方も様々になります。

脳の障害に対する後遺障害認定の要件は、症状別に細かく条件付けされています。

第1級(自賠責保険金額3000万円)
・両目を失明したもの
・両上肢の用を廃したもの
・咀嚼及び言語の機能を廃したもの
・胸腹部臓器に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 「重度の胸腹部臓器の障害のために、生命維持に必要な身の回り処理の動作について、常に他人の介護を要するもので、日常生活の範囲が病床に限定されているもの」

第2級(自賠責保険金額2590万円)
・1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
・両眼の視力が0.02以下になったもの
・胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの 「高度の胸腹部の障害のために、生命維持に必要な身の回り処理の動作について、随時介護を要するもので、日常生活の範囲が主として病床にあるが、食事、用便、自宅内の歩行など短時間の離床が可能であるかまたは差し支えのない状態のもの」

第3級(自賠責保険金額2219万円)
・1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
・咀嚼又は言語の機能を廃したもの
・胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの 「生命維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、高度の障害のために、終身にわたりおよそ労務につくことができないもので、自宅周囲の歩行が可能かまたは差し支えないが、終身にわたりおよそ労務に服することができない状態のもの」

第4級(自賠責保険金額1889万円)
・両手の手指の全部の用を廃したもの
・咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
・両目の視力が0.06以下になったもの ・両耳の聴力を全く失ったもの

第5級(自賠責保険金額1574万円)
・1上肢の用を廃したもの
・1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
・胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの 「身体的能力の低下などのため、独力では一般平均人の4分の1程度の労働能力しか残されていないもの」

第6級(自賠責保険金額1296万円)
・1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
・咀嚼または言語の機能に著しい障害を残すもの
・両目の視力が0.1以下になったもの
・両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
・1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では、普通の話し声を解することができない程度になったもの

第7級(自賠責保険金額1051万円)
・1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの
・1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
・両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
・1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
・胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの 「中程度の胸腹部臓器の障害のために、労働能力が一般平均人以下に明らかに低下しているもので、独力では一般平均人の2分の1程度の労働能力しか残されていないもの」

第8級(自賠責保険金額819万円)
・1手の親指を含み3の手指の用を廃したもの、または親指以外の4の手指の用を廃したもの
・1眼が失明し、または1眼の視力が0.02以下になったもの

第9級(自賠責保険金額616万円)
・1手の親指を含み2の手指の用を廃したもの、または親指以外の3の手指の用を廃したもの
・咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
・両目の視力が0.6以下になったもの
・1目の視力が0.06以下になったもの
・両眼に半盲、視野狭窄または視野変状を残すもの
・両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
・1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
・1耳の聴力を全く失ったもの
・胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの 「社会通念上、その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの」

第10級(自賠責保険金額461万円)
・1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
・1手の親指、または親指以外の2の手指の用を廃したもの
・咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
・1眼の視力が0.1以下になったもの
・両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
・1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの

第11級(自賠責保険金額331万円)
・両眼の眼球に著しい調整機能障害または運度障害を残すもの
・両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
・両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
・1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
・胸腹部臓器に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの 「一般的労働能力は残存しているが、胸腹部臓器の機能の障害が明確であって労働に支障を来たすもの」

第12級(自賠責保険金額224万円)
・1手の人差指、中指または薬指の用を廃したもの
・局部に頑固な神経症状を残すもの
・1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
・開口障害等を原因として咀嚼に相当時間を要するもの
・味覚脱失(「味覚脱失」とは、濾過ディスク法における最高濃度液による検査により、基本4味質(甘味、塩味、酸味、苦味)すべてが認知できないものを言う。)
・声帯麻痺による著しいかすれ声
・1眼の眼球に著しい調整機能障害または運度障害を残すもの
・1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
・1眼の視力が0.6以下になったもの
・1眼に半盲、視野狭窄または視野変状を残すもの
・耳鳴りに係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できるもの

第13級(自賠責保険金額139万円)
・1手の小指の用を廃したもの
・胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

第14級(自賠責保険金額75万円)
・局部に神経症状を残すもの
・1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
・難聴に伴い常時耳鳴があることが合理的に証明できるもの 脳は全身に関係をしているため、神経系の後遺障害が起こる可能性があるため、後遺障害認定の範囲も非常に幅広くなります。

実際に、被害者の生活に支障が発生しているかどうかが重視されます

脳が起因とする後遺障害で問題となるのが、
『患部に異常がなく、患者が症状を訴えている場合』です。

この場合、裁判所は診断書の内容を重視するだけでなく、被害者の実際の生活にどれだけの支障が出ているかも判断材料とします。

後遺障害認定されるか否で、後遺障害慰謝料が支払われるか変わってくるのですが、弁護士を通じて請求する場合には判例基準で請求するため、自賠責基準に比べると大幅に増額します。

自賠責基準だと慰謝料部分は第1級で1100万円、第2級で958万円、第4級で712万円、第9級245万円・第11級で135万円ですが、判例基準ですと第1級で2800万円、第2級で2370万円、第4級で1670万円、第9級690万円、第11級で420万円なので、差は3倍近くなります。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

交通事故サイトからのご相談
お名前  *
 例)山田太郎
お電話  *
 *半角英数
メールアドレス  *
 *半角英数
弁護士費用特約が使えますか?
ご相談内容  *