腰痛の後遺障害

交通事故の外傷による痛みで、『むち打ち』・『膝痛』なのですが、それらと並んでよくあるのが『肩痛』です。

文字通り肩の痛みをさすのですが、交通事故を起因とする肩痛の場合、大きく分けて2種類の物があります。

1つ目は打撲や裂傷といった外傷性が原因の物です。 2つ目は神経に何らかの異常をきたしていることからくる痛みです。

まず1つ目の何らかの外傷を起因とするものですが、多くの場合は交通事故の衝撃で打撲した物です。

むち打ちも広義にとらえると、衝撃で筋肉や骨に衝撃が加わったことにより、筋肉組織が損傷したり関節がずれたりするため、打撲に似た症状とも言えます。

肩は部位的に言うと『首元から肩関節』をさすのですが、実際に肩を構成している筋肉は後頭部から背中まで関係しています。

交通事故の被害者の中には、「交通事故から肩が痛い。」と訴えられるため、肩を中心とした治療や検査をしたもののよくならず、精密検査をしたところ首の筋肉が委縮しており、それに合われて肩の筋肉が引っ張られ、首ではなく肩に痛みが出ると言ったケースもあります。

肩の骨に関係する肩痛では、骨自体が折れた他には、肩の関節の腱の損傷、肩関節の脱臼、肩関節の変形などが挙げられます。

肩の骨は鎖骨と肩甲骨・上腕骨で構成されているのですが、人類の進化に合わせて肩の可動域を広げてきたため、関節部分が動きやすい反面、骨だけでは安定感が悪く、周りの筋肉により支えられている形になっています。

動きやすいということは、外れやすいということでもあり、肩の脱臼は他の部位の脱臼に比べて飛びぬけて多くなります。

脱臼だけならば整形外科などで肩の骨をはめて安静にしておけば治癒しますが、その際に腱や骨が傷つく危険性があります。

筋肉組織についても骨に関しても、一過性の外傷であれば安静にすることで自然回復しますが、関節が断裂してしまったり、骨折により骨が変形してしまった、骨折した際の骨の破片が筋肉や腱などを圧迫しているなどは、手術をする必要があることもあります。

神経を起因する肩痛にも、いくつか原因が考えられます。 1つ目は神経自体が損傷しているケースです。

交通事故の衝撃で神経の一部が損傷したり、車の部品や骨折した骨で神経が傷ついたりと言ったケースです。

神経組織が物理的に損傷しているため、神経組織の再生がしなければ完治しないのですが、かつて『中枢神経は再生しない』(現在はiPS細胞などの再生医療により一部否定)と言われたほど、脊髄に近い神経ほど再生しにくいです。

そのため、単なる打撲による一時的な痛みだと思っていたのに、1か月たっても半年たっても痛みが引かず、医師からも異常なしと言われて困って相談に来られた依頼者が、交通事故に特化した病院で精密検査をしたところ、神経の損傷部分が見つかるということもあります。

また、損傷個所がなくとも神経伝達に何らかの異常が生じ、痛みが発生しているケースもあります。

交通事故で肩痛がある場合、湿布や鎮痛剤が処方されることが多いです。 それで、ついやってしまいがちなのが、痛みのある部分を揉むなどのマッサージをしてしまうことです。

交通事故直後の受傷部分は炎症を起こしていることが多いので、マッサージをする筋肉の緊張をほぐし血流を良くするため、炎症がひどくなってしまい逆効果となってしまいます。

また、炎症が治まってからマッサージをしたとしても、関節の変形や腱の断裂などが原因である場合には、反対に患部を悪化させてしまう可能性があります。

自己判断でマッサージをするのではなく、病院の医師や医学療養士の指示のもと運動療法を行うか、整骨医など専門医に施術してもらうようにしましょう。

日常生活への影響

交通事故で腰部に痛みがある場合、程度に差があるとはいえ日常生活に支障が出ます。

腰痛の原因は、直接的な腰への打撲が多いのですが、単なる打撲であれば事前回復することがほとんどです。

しかし、交通事故による腰痛の原因は、腰椎の骨折や背骨の歪み・椎間板の損傷など原因は多岐にわたるため、検査で原因究明をしなければ正しい治療ができなくなります。

交通事故による腰痛と一言で言っても、
『寝ることも出来ないくらいの激しい痛みがある』、
『起き上がる事も出来ないくらいに痛い』、
『立つと痛い』、
『座ると痛い』、
『慢性的に腰が重だるい』
など、人によって腰痛の痛さや痛さを感じるシチュエーションは様々です。

腰痛の場合、動くと痛みが激しくなることが多いため、寝るもしくは座るという姿勢が中心となりますが、トイレに行くのに立つなどと言った日常の動作に対しても痛みが発生するため、大きなストレスになります。

腰痛が激しい場合には、立つことすらできないため排尿や排便なども介助が必要になったり、痛みのあまり眠れず睡眠不足となったりする事も多々あります。

歩ける程度の腰痛であっても、痛みに不快感を覚えますし、痛みのあまり走るどころか歩くのすらゆっくりでないと無理になったり、杖や車いすがないと移動できないと言った方もいます。

日常生活で『移動する』ということを腰痛により封じられると、いかに多くの支障が出ることは想像に難くないと思いますが、単に移動できないだけでなく腰の痛みが伴うため、精神的・肉体的両方に苦痛を受けることになります。

また、腰の痛みをかばうため猫背になったり、痛い方に腰を曲げた姿勢になりやすくなったりしますが、姿勢を崩す原因になります。

猫背や姿勢を崩すことで一時的に痛みを軽減できるかもしれませんが、その体勢でいる事が『普通』になってしまうと、腰痛が直った後も姿勢は崩れたままになってしまいます。

崩れた姿勢は腰痛や内臓疾患を起こしやすく、『腰痛がひどいので猫背になっていたが、今度は猫背のせいで腰痛がひどくなった』と本末転倒な事が起こりえます。

腰痛の治療方法は主に対症療法で、『鎮痛剤を飲む』、『湿布を貼る』といった、症状を軽減するための治療です。

もちろん、骨折や背骨の痛みなど、原因がはっきりとしている物であれば、『骨折部分にプレートを入れる』、『椎間板ヘルニアになっているので手術をする』、『背骨が曲がっているので牽引する』といった、根本的な治療が行われます。

しかし、原因がはっきりとはしなかったり、上記の治療後にも続く腰痛の場合には、対症療法を続けつつ、自然治癒を待つしかないということになります。

その際に、徐々に回復が実感できるのならばよいのですが、なかなか治らない、反対に悪化しているという場合には、精神的にもよくなくうつ病を発症するケースもあります。

痛みの場合、『馴化』と言われる『繰り返し与えられる刺激(痛み)に馴れてしまい、刺激(痛み)に対して鈍感になる』ことがほとんどです。

そのため、医学的には自然回復していなくとも、身体の方が痛みに馴れてしまうと言うことが往々にしてあります。

しかし、痛みの大きさは精神的なものに左右されることがあります。

例えば自分で指先を切ったら我慢できるが他人に指先を切られたら我慢できない、もしくは怪我をさせられたのが自分の好きな人で我慢できるといった反対のケースもあります。

交通事故の場合、見知らぬ第三者からいきなり傷つけられたのと等しいため、『加害者憎し』の気持ちが先行してしまい、通常ならばさほど気にならない痛みでも、過大に痛みを感じると言ったこともあり、裁判所も『原告が訴える痛みは、被告に対する心情により過大に感じたもの』として後遺障害を退ける判決が出たものもあります。

手指に関する後遺障害認定について

腰痛による交通事故での後遺障害は、大きく分けて『腰椎の障害』、『脊髄の障害』、『腰の痛みに関する障害』の3つになります。

腰痛に関係する後遺障害認定の要件だけで見ると、後遺障害等級の幅は狭くなります。

第11級(自賠責保険金額331万円) ・脊柱に変形を残すもの

第12級(自賠責保険金額224万円) ・局部に頑固な神経症状を残すもの

第14級(自賠責保険金額75万円) ・局部に神経症状を残すもの 腰痛だけで後遺障害認定を受けるの、年齢によってはかなり難しくなります。

10代以下の若年の患者であれば、すでに腰痛であるということは少ないため、後遺症と認められやすいですが、腰痛は加齢により大なり小なり現れる症状であるため、『交通事故で腰痛になった』と訴えても、中高年以上であれば『交通事故以前から腰痛であったのではないか?』と、相手側から反論されるからです。

交通事故による腰痛と後遺障害認定を受けたい場合には、医学的な証拠が重要となってきます。

骨折などで背骨が変形したり、椎間板に損傷があるため腰痛があったりすると言った場合には、レントゲンやCT・MRIと言った画像検査を診断書とともに提出できるため、後遺障害認定を受けられる可能性が高まります。

しかし、画像検査の証拠がない場合には、『患者の訴えを聞いて、医師が判断をする』ということに留まるため、後遺障害認定は認められづらいと言わざるを得ません。

ただ、絶対に認められないというものではなく、客観的な証拠を積み上げることにより、後遺障害認定が受けられることもあるため、後遺障害認定の手続き前に弁護士に相談をするのがベストです。

腰痛のほかに、『脊髄損傷で足が麻痺をして動かない』、『腕の腱が切れて腕が動けせない』といった後遺障害に該当する障害があった場合は、より重い方に揃えられるか、それぞれの障害の等級を合わせて考えて、より重い等級に認定する併合がなされます。

例えば、交通事故で介護第2級相当の内臓疾患を負い、第12級相当の腰痛があった場合、重い方の介護第2級で認定される確率が高いです。

また、第8級相当の脊柱に運動障害を残すものと、第12級相当の腰痛があった場合、重い方の第8級ではなく、併合されて第7級で認定される可能性もあります。

併合に関してはルールがあり、 『第5級以上の後遺障害が2つ以上ある場合、より重い方の等級を3級繰り上げる』 『第8級以上の後遺障害が2つ以上ある場合、より重い方の等級を2級繰り上げる』 『第13級以上の後遺障害が2つ以上ある場合、より重い方の等級を1級繰り上げる』 というルールがあります。

さらには、 『併合により後遺障害等級の序列を乱す場合』 『組み合わせの等級があらかじめ定められている場合』 『症状的に派生関係になる場合』 は、併合されずに重い方の後遺障害等級で認定されます。

そのため、一見すると『後遺障害等級が第7級と第12級相当の後遺症があるから、認定は第6級になる』と思っていて、それぞれの後遺障害等級が第7級と第12級で認定されたにもかかわらず、併合されずに第7級で認定ということもありえます。

後遺障害認定も複雑であるのに、さらに難解な併合が加わると一般の方からすると後遺障害等級の予測が困難となるため、弁護士に相談して事前に目星をつけておく方が良いでしょう。

後遺障害認定されるか否で、後遺障害慰謝料が支払われるか変わってくるのですが、弁護士を通じて請求する場合には判例基準で請求するため、自賠責基準に比べると大幅に増額します。

自賠責基準だと慰謝料部分は第11級で135万円、第12級で94万円、第14級で32万円ですが、判例基準ですと第11級で420万円、第12級で290万円、第14級で110万円なので、差は3倍近くなります。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

交通事故サイトからのご相談
お名前  *
 例)山田太郎
お電話  *
 *半角英数
メールアドレス  *
 *半角英数
弁護士費用特約が使えますか?
ご相談内容  *