主婦の休業損害について

交通事故で被害に遭った方は,加害者に対して「休業損害」を請求することができます。

 

休業損害とは,ケガの治療をするために,仕事を休んで病院に通院した場合,本来ならば仕事をして稼げたはずの収入が「もらえなかった」損害のことをいいます。


家庭の主婦が交通事故に遭って,ケガや通院のせいで家事ができなかった,という場合に,「休業損害」は請求できるでしょうか?


主婦の方が行う家事は,もし,これを他人にお願いした場合には,お金がかかるのが当たり前です。

 

そうだとすれば,会社員の仕事と同じように,「主婦」という職業の人が,「家事」という仕事ができなくなったことをもって,「損害」が発生したと考えるべきです。


主婦の方が交通事故の加害者に対して,主婦の家事労働分の休業損害を請求することができることは裁判所でも認められています。

では,主婦の家事労働の「損害」を金銭的に評価すると,いくらになるのでしょうか。


この点について,法律の実務では,主婦の家事労働の金銭的評価を,日本中の全ての女性の賃金を平均した金額としています。


統計的には,日本中の全ての女性の年収賃金の平均は,353万9300円(平成25年統計資料)です。1日あたりにすると,約1万円となります。


そうすると,主婦の家事労働を金銭的に評価すると,1日あたり約1万円という計算になります。


ただし,交通事故によるケガにも,さまざまな状態があります。

 

状態に応じて,家事労働のうち,30%くらいしかできなかった,あるいは,50%くらいはできなかった,というふうに個別に判定して,「家事ができなかった割合」×1日約1万円,という計算で請求することが多いです。


このように主婦の方も,交通事故に遭った場合,休業損害を請求できます。

 

交通事故にあった際には,ぜひ一度弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容