示談交渉のやりとりで交通事故賠償の結果は変わる

高松での交通事故の示談は、被害者の殆どが初めてのことだと思います。 

 

それはそうですね、そんなに頻繁に事故を起こしていたら、保険料も毎年値上げになってしまいますから。 

 

冗談はさておき、それでも保険会社にとっては、示談交渉や過失割合の提示などが日常茶飯事です。

 

何しろ相手はプロなのです。そんな手慣れている相手に、素人丸出しで立ち向かっていっても、ほぼ勝ち目はありません。

 

過失割合の見方、賠償金の相場、法律問題・・・悲しいかな、素人がプロに勝てる領域ではないのです。

 

示談交渉で相手を出し抜こうとか、相手より優位に立とうという考えは、そもそも不可能なことだと考えてください。

 

では、どうすればいいのか? プロというものは、相手がド素人だと判断すると、途端に力を抜いてかかってくるものです。そこを利用しましょう。

 

「まったく初めてのことなので、示談交渉なんてまるでわかりません。こんな私でもわかるよう教えてくださいね」とか、「今おっしゃったことの根拠はどこにありますか?それが書かれたものを教えてください」などと言って、まずは聞く姿勢に徹しましょう。 

 

もし内容があまりにも理不尽だと思っても、絶対にそこで暴れたりしないことです。 何も知らないふりをして、とにかく「へぇ、そうなんですね」と聞くだけにしましょう。

 

相手は加害者そのものではないものの、加害者の代理人ですから、加害者への気持ちをぶつけたくもなるでしょうが、そこは抑えて抑えて。 

 

下手に暴れたら、すぐに相手はもっと上級者を出してくる可能性もあるのです。

 

交渉事に自信のない方は、迷わず先に高松の弁護士に相談をして、アドバイスを受けるべきです。

 

交通事故で被害者が過失ゼロはあり得ない?

保険会社の担当者と示談交渉を始めると、こちらが高松の交通事故の一方的な被害者であるにもかかわらず、被害者にも過失があったと言ってきます。

 

これは、営利企業であり、加害者の味方でもある保険会社としては、当然の交渉術と言っていいでしょう。少しでも過失割合を被害者にふれば、加害者の過失割合は減少する計算です。

 

過失割合が減れば、それだけ加害者の賠償金負担は減り、保険会社としても余計な支払いはしなくても良いのですから。

 

保険会社が提示する過失割合の基礎は、「別冊判例タイムズ民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」などから引用されます。

 

ここでは、車対車、車対歩行者など、類型別の過失割合が決められていて、ケースに合わせて過失割合が固定されているのです。

 

最終的には、当事者双方の供述を元にしてさらに細かな加減修正をしますが、保険会社の最初の提示は、加害者の供述内容を元にしています。

 

それでも、「お互い動いていたのですから、過失ゼロということはありません」と平然と言われると、被害者としては怒鳴り散らしたくもなりますよね。

 

さらに被害者過失が大きくなるよう、巧みに誘導していくのが、保険会社の手口なのです。

 

しかし、現実には、本当に過失がゼロなら、それを認めさせる条件があります。それは、

  1. 【1】被害者側に道路交通法違反が認められないこと。
  2. 【2】事故の予見が不可能であったこと。
  3. 【3】結果として、事故の回避処置がとれなかったこと。

 

これらすべてが立証できれば、例え被害者側の車が動いていたとしても過失はゼロなのです。

 

しかし、逆に停まっていた場合でも、上記のすべてが立証できなければ、過失は認められることになります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容