交通事故示談の真の相手は「保険会社」?

高松で交通事故被害に遭い、入院なり通院なり、負傷箇所について治療を続けていると、しばらくして保険会社の人間がやってきます。

 

本来であれば、被害者としては加害者本人に謝罪にきてほしいところでしょうが、今の任意保険には示談交渉も保険会社が行うというサービスが付加されているため、直接加害者と被害者が交渉に臨むということはまずありません。 

 

実際に、加害者がしゃしゃり出てきても、被害者及び被害者の関係者が怒り狂うだけで、示談交渉の「ジ」の字も始まりはしないでしょうけれど。

 

その後、治療が進んでいき、症状固定が近づいてくると、いよいよ示談交渉が正式にスタートするというわけですが、保険会社の担当者はあまりいいことは言わないものだということを覚えておいてください。

 

保険会社はさも自分は神の使いか天使のような顔をしてことを進めますが、考えてみれば彼らは営利企業の人間です。しかも、彼らは加害者の味方なのです。

 

であれば、示談交渉では保険会社を頼ったり、信じきったりしてしまってはダメです。信じた結果は、裏切り、そして押し切られた格好で泣きを見るのです。

 

交通事故の損害賠償は、被害者と加害者ではなく、被害者と保険会社の闘いなのです。

 

保険調査員や弁護士を擁して、示談交渉~訴訟までは理路整然と進められるシステムができている保険会社と素人の被害者が戦うのはあまりに被害者に不利といえます。 

 

被害者側も高松の弁護士を擁して立ち向かうべきです。

 

交通事故で保険会社は加害者か第三者か?

前項で、「保険会社を信頼してはいけない」というような話をしました。それはそれで正しいのですが、ひとつだけハッキリさせておかなければならないことがあります。

 

「保険会社は、加害者ではない」ということです。そんなこと当たり前だろ?と言われればそれまでなのですが。

 

高松の交通事故後の治療で入院しているような事案では、保険会社の担当者がかなり早い段階で病室を訪問してくるはずです。 

 

意識があれば、無理のない範囲で被害者本人と、意識がなければ家族や親族と会って、労りの言葉と保険会社としての挨拶をしてきます。 

 

そんな時には、「ご苦労様です。お手数をおかけしますが、どうかよろしくお願いします」と伝えてください。

 

被害者としては、怒りが収まらない状況かも知れません。話もしたくないし、顔も見たくないという状況かも知れません。だって、加害者が謝罪に来ているのではないのですからね。

 

事故でこんな大怪我を負わされたというのに、加害者からの謝罪をまだ聞いていない。それが被害者心理というものでしょう。

 

しかし、よく考えてください。保険会社は加害者に代わって今後示談交渉を進めようと挨拶に来ているだけであり、あくまで第三者であり、加害者ではないのです。

 

保険会社は、示談交渉に入れば確かに「敵」かも知れませんが、その段階ではまだ中立の第三者だと思ってください。

 

そこで保険会社の担当者に噛み付いても、何も得るものはありません。まずは、お互いフラットな精神状態で話し合いに入りたいではありませんか。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容