病院側との関係 ②病院側の対応

(1)人身事故においては病院の適切な対応が重要です。
高松で交通事故が発生し、誰かが怪我をしてしまった場合、被害者は加害者に対して、その損害の賠償を求めることとなります。

 

そして、その賠償額の交渉や、訴訟の準備のためには、どの程度の怪我なのか、治療にいくらかかったのか、後遺症があるのか等、負傷者の状況を十分に知っておく必要があります。

 

交通事故で人身事故が発生した場合、負傷者は通常病院へ運ばれますので、負傷者の状況を知る資料は病院側が有していることになります。

 

したがって、交通事故で人身事故が発生した場合には、病院の適切な対応が必要となります。

 

例えば、診断書やカルテに「頸部捻挫」「頸部挫傷」「頸部外傷」などのみの記載がなされる場合には、医師に対して、診断書やカルテに症状や原因について具体的な記載をしてもらうように求める必要があります。

 

後遺症が残りそうな場合には、その症状固定の時期を教えてもらい、症状が固定してから後遺症診断書を書いてもらいます。

 

(2)整骨院・鍼灸院等への通院には注意が必要です。
高松の交通事故で頸椎捻挫(いわゆるむち打ち症)になった場合、被害者は整形外科の治療では満足せずに鍼灸やマッサージを受けることが多く見られます。


これらの施術料は、当然加害者が負担するべき、と思うかもしれません。 しかし、整骨院や鍼灸院等への通院には注意が必要です。


なぜなら、マッサージや鍼灸による施術の場合、その施術が交通事故による症状の治療のために受けたものであると判断されず、損害賠償の範囲に含まれない場合があるからです。


マッサージや鍼灸は、単に健康維持のためにも使用されるものですから、健康維持のために受けたに過ぎないと判断されかねない性格を持っているのです。


これらの施術料は、原則として医師の指示による施術でなければ、損害として認められず、その賠償を受けることができません。


ですから、高松の整骨院・鍼灸院等への通院する場合には、必ず医師の指示を受けるようにしましょう。

 

(3)担当医とのコミュニケーションがうまくいかない場合には、治療機関を変更することを検討するべきです。
高松の交通事故の後遺症認定について、医師の診断書が重要なポイントとなります。

 

後遺症がどの程度のもので、どの程度の等級になるかは、医師による診断書を基にして判断されるからです。

 

そして、担当医とのコミュニケーションがうまくいっていない場合には、それがそのまま後遺書診断書やレセプションに表れ、結果として後遺症の等級認定が認められないことも少なくありません。


そこで、担当医とのコミュニケーションがうまくいっていない場合には、医療機関を変更することも考えるべきです。


そして、治療機関を変更するの場合には、加害者側の任意保険会社に連絡をして了承を得らなくてはなりません。これを怠ると治療費を払ってもらえない場合があります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容