病院側との関係 ①自由診療か健康保険診療か

「高松の交通事故による診療であっても高度な医療が必要な場合でない限り健康保険による治療を受ける方が得策です。」


高松で人身事故が起こった場合、被害者は病院で治療をしてもらうことなります。そして、病院で受ける診療には自由診療と健康保険診療があります。


自由診療とは、医療行為の内容や診療報酬について制限のない診療のことで、健康保険等の対象となる保険診療以外の診療のことです。


したがって、自由診療には健康保険の適用はなく、一般に治療費が高額となります。

 

交通事故の場合に健康保険が利用できないと言われることがありますが、これは誤った説明です。

 

交通事故の場合であっても、健康保険の適用を受けられないという事はありません。
そして、交通事故であっても極力、健康保険を利用することが被害者にとって得策です。

なぜなら、健康保険を利用することで、被害者が十分な損害の賠償金を受けることができなくなる恐れを減らすことができるからです。


加害者が任意保険に入っておらず、また被害者の損害賠償を支払うのに十分なお金を持っていない場合には、実質的に被害者は自賠責保険の枠内でしか損害賠償を受領することができません。


健康保険が適用されない自由診療の場合、自賠責保険の傷害での上限である120万円をすぐに超えてしまい、残りは実質的には被害者が負担せざるを得ない事となります。


したがって、健康保険が適用される保険診療を利用し、健康保険によって被害者が受領できる金銭を増やすことが重要です。


現在では、多くの薬や治療が健康保険の適用を受けるので、健康保険で認められる範囲で十分な治療を受けることが可能です。

 

ですから、どうしても高度な治療方法が必要な場合を除いては、健康保険を積極的に利用していくべきでしょう。

 

もっとも、高松の病院によっては自由診療の方が高い治療費をとれるため、交通事故の場合に当然のように自由診療とする場合があることに注意が必要です。

 

積極的に病院側に健康保険とすることの了解を得て、保険会社と相談の上、被害者の加入している健康保険組合に第三者行為による旨の届け出を提出して、保険診療を受けるようにしましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容