社会保険への請求と各保険の請求手続き

「香川・高松で事故が発生した場合、被害者が十分な損害賠償額を受け取るために、社会保険を利用することも有用です。」


(1)社会保険とは・・・

香川・高松に限らず、交通事故が発生した場合、被害者は加害者に対して、事故による損害賠償を請求することができます。


しかし、加害者がお金を十分に持っていない場合には、現実問題として被害者が十分な賠償を受けることができない場合があります。


そのような場合に、被害者に泣き寝入りさせるのではなく、損害の負担を社会で分担させようとしたのが社会保険です。


すなわち、社会保険は、加害者の資力の不十分さを社会保険制度の利用によって補い、被害者を救済する制度です。


では交通事故ではどのような社会保険制度を利用することができるのでしょうか。

 

(2)労災保険
交通事故による人損(怪我や死亡等、人身に対する損害)が生じた場合、労災保険の給付を受けることができる場合があります。


労災の給付を受けるためには、


①「業務災害」または「通勤災害」であって、
②自賠責に支払いに先行して労災保険の給付を希望する場合で、
③所轄の労働基準監督長に第三者行為災害届を提出する必要があります。

 

ア ①「業務災害」または「通勤災害」とは・・・
人損が業務遂行中(業務をしている最中)又は通勤中に発生したことが必要です。

業務外の場合や通勤経路を外れた場合には対象外となります。

 

イ ②自賠責の支払いに先行して労災保険の給付を希望する場合とは・・・
労災保険と自賠責保険については、政府の通達により原則として自賠責保険の支払いが労災保険よりも先行されます。

しかし、被害者が望む場合には、労災保険を先行させることが可能です。いずれを利用するのが被害者にとって有利かはそれぞれの場合によって異なるので十分に検討する必要があります。


・具体例

 

労災保険

自賠責保険

治療費の対象

自賠責に比べて狭い

労災に比べて広い

慰謝料

認められない

認められる

休業損害

60%のみ填補

100%

過失割合

問題としない

最大5割の減額

傷害の支給額

制限なし

120万円の上限

 

ウ ③所轄の労働基準監督長に第三者行為災害届
労災保険は、労働者が労使以外の第三者によって災害を被った場合であっても適用されます。
このような災害を第三者行為損害といい、通勤途中で事故に遭った場合などは、典型的な第三者行為災害です。


そして労働者が第三者行為災害に遭い労災保険による支給を受ける場合には、労働基準監督署長宛の第三者行為災害届の提出が必要となります。
書式は最寄りの労働基準監督署で入手可能です。

 

(3)健康保険
交通事故による人損について


①健康保険を受けることを希望し、
②所轄の国健康保険協会の都道府県支部長に第三者の行為による傷病届(書式は最寄りの全国健康保険協会の都道府県支部等で入手可能)を提出した場合、
健康保険の給付を受けることができます。

 

なお、病院側から、香川・高松の交通事故の負傷の治療については健康保険を利用されないように暗にほのめかされることがあります。


しかし、加害者が損害の賠償に十分な金銭を持っていない場合に備えて、「健康保険を利用したい」と病院側に申し入れ、健康保険を積極的利用することをお勧めします。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容