傷害保険

(1)傷害保険とは・・・
傷害保険とは、保険に加入した記名保険者またはそのものと一定の関係にある者に生じた損害を填補する(まかなう)保険です。


これは、香川・高松に限らず、全国の自動車事故によって保険契約者当事者以外の第三者にけがをさせたり、死亡させたりした場合に相手方に対して負担する損害を填補するための対人賠償保険とは異なります。


傷害保険は、保険に入っている自動車の運転者、同乗者又は保有者に生じた損害を填補するものです。
すなわち、傷害保険は保険契約者自身の損害を填補する保険といえます。

 

傷害保険には様々なものがありますが、概ね①人身傷害補償保険、②人損事故傷害保険、③無保険車傷害保険、④搭乗者傷害保険があります。

それではそれぞれ、具体的にどのような保険なのでしょうか。

 

(2)人身傷害補償保険とは・・・
人身傷害保険とは、 自動車を運行(運転・利用)することで起こった事故、あるいは自動車の運行中に飛んで来た、または落ちてきた何かに衝突したり、もしくは燃えたり爆発したり、自身の車がどこかに落ちてしまった事による、いきなりで、偶然的な事故によって、 保険に入っている者が死亡したり、ケガをした場合に 定められた保険金が保険会社から支払われる保険です。

 

(2)自損事故傷害保険とは・・・
自損事故傷害保険とは、 被保険者が自らの自動車を運行(運転・利用)することによって生じた事故、 または自分の車について起こった事故(飛んできたり落ちてきたりした物と衝突、火災・爆発・自身の自動車の落下)によって、 保険の対象者が、死亡したり、ケガをしたりした場合に、 定められた保険金が保険会社から支払われる内容の保険です。

 

また、自損事故傷害保険は、事故によって保険に入っている者に身体の障害が生じたにも関わらず、自賠法3条に基づく損害賠償請求権(損害賠償を求める権利)が発生せず、人身傷害補償保険が適用されない事故についても適用されます。

 

(3)無保険車傷害保険とは・・・
無保険車傷害保険は、保険に入っている者(被保険者)保険に入っていない他の自動車によって事故に遭ってしまい、その結果、被保険者が死亡したり、後遺症が残ってしまったりした場合に備えたものです。


そして、保険会社から保険金が支払われるためには、加害者が、この事故によって被保険者や、その父母、妻夫、子供が受けた損害の賠償しなければならない場合であることが必要です。


また、保険会社から保険金が支払われるためには、被保険者ら(その父母、妻夫、子供を含む)が加害者に請求できる損害賠償額が、自賠責保険等によって支払われる金額と対人賠償保険によって損害賠償を支払わなければならない者に支払われる保険金額を足した額を超えることが必要です。

 

(4)搭乗者傷害保険とは・・・
搭乗者傷害保険とは、保険に入っている自動車の正規の乗車装置又はその乗車装置のある室内に乗っている者を保険の対象者(被保険者)とする保険です。
そして、自動車に乗っている者(被保険者)が
①保険に入っている自動車の運行(運転・利用)することによって起こった事故 、
②保険に入っている自動車の運行中に飛んできた、または落ちてきた何かと衝突したり、もしくは、燃えたり爆発したり、あるいは自身の車がどこかに落ちてしまった事による、いきなりで偶然的な事故、

によって、死んだり、ケガをした場合に、定められた保険金が保険会社から支払われます。

 

保険のことで不安なことがあれば、香川・高松の弁護士や専門家に相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容