ひき逃げ・当て逃げの場合

「高松でひき逃げ・当て逃げの被害に遭った場合に何をするべきでしょう。」

 

高松でひき逃げ、当て逃げをされた場合、被害者としては何をすればいいのでしょうか。
まず、誰がひき逃げ、当て逃げをしたのか、その加害者を特定する必要があります。


事故の状況を見ていた目撃者を探し出して、加害車両の車両番号・種類・型式・色・車体に書かれている文字の有無や内容等を確認し、警察に連絡することが重要です。


目撃者が確保された場合には、氏名や連絡先を聞くと共に、後日の協力をお願いしておくことが望まれます。


加害者が特定された後で、証人として、目撃したひき逃げの状況を証言してもらう可能性があるからです。


しかし、高松でも残念ながら、誰がひき逃げをしたのか、その加害者を特定することができない場合があります。


そのような場合には、政府(国土交通省)により自賠責保険の場合と同じように支払いを受けられる場合があります。


ただし、この請求においては警察の作成する交通事故証明書に「ひき逃げ」など、他の車が存在したこと、または他の車と損害との因果関係が分かるように明記してもらう必要があります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容