交通事故発生直後にするべきこと③

「事故の証拠を保全・収集してください。」

 

高松で交通事故が発生した場合、事故を起こした責任を有する者に、被害者が交通事故によって生じた損害賠償を裁判手続きにより求めることができます。
しかし裁判官は、その事故の現場を見たわけではありません。


そこで、裁判官は当事者が提出する記録・資料を基に、これを証拠として、どのような事故があったのか、誰に責任があるかなどを判断することになります。


したがって、交通事故においてはどのような事故が起こったのかを裁判官に説明するために資料、証拠を集め、また、保全しておくことが、被害者が加害者に対して損害賠償を請求する上で非常に重要となります。

 

(1)実況見分調書の作成における注意点
交通事故が人身事故の場合、刑事事件として取り扱われます。


このような場合、警察は事故現場に赴いて事故の状況を確認し、これを記録する形で事故状況を詳細に記載した書類(実況見分調書)を作成します。


また、警察・検察は事故の当事者や目撃者などに対して事故の状況を聞き、その内容を記録した文書(供述調書)を作成します。


そして、これらの記録は民事裁判や示談においても重要な証拠となります。


よって、相手方の言い分のみが強調された、事故状況を記録した実況見分調書が証拠とされると、納得のいかない裁判の結果がでる事態になりかねません。


そこで、高松で交通事故を起こしてしまった場合には、警察・検察が作成するこれらの記録や書類が正確かどうか、誤りはないかをチェックする必要があります。


特に、警察が事故状況を確認する実況見分には、被害者の必ず立会い、十分に説明を行い、その説明が正確に記載されているかをチャックしなければなりません。

 

(2)被害者による証拠収集も重要です。
実況見分調書は原則として現場の写真を伴わず、内容的にも被害者の言い分が十分に反映されていない場合も多く、また、物損事故では実況見分が行われることはありません。


そこで、被害者側も事故直後又はできるだけ早い時期に自ら、どのような事故状況であったかを示す資料、証拠を収集し保全しておく必要があります。


ア,事故直後にするべきこと
事故直後は交通の危険がない限り警察が来るまで事故現場はそのままにしておきましょう。
警察が来る前に車を動かさなければならない場合には、元の車輪の位置・角度・スリップの痕などに目印をつけるか、携帯のカメラ機能等を使用して写真や動画を採り記録しておくべきです。


イ,事故後にするべきこと
また、事故後、できるだけ早い時期に、日付入りの写真や動画により、以下の事項を記録しておくべきです。

 

~事故後に記録しておくべき事項~
①現場の状況
 Ex) どのような道路状況か
信号や横断歩道・標識、交差点の見通し
照明や樹木・時刻・天候により見通しが悪くなっていなかったか等

②事故に関する状況
 Ex) 双方車両の破損の状況
道路上のスリップ痕の長さ
摩擦痕,血痕等の状況

③被害の状況
 Ex) 被害者の転倒位置
衝突地点
血痕の位置
破片の位置等

 

さらに相手の言い分や、目撃者の目撃内容、住所・氏名についても記録を残しておくようにしましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容