後遺障害の等級格付及び算定

私(G)は高松の交通事故によりむち打ち症を発症しました。今回、後遺障害認定を受けるにあたり、後遺傷害は等級という形で格付(重い順に1級~14級)がされており、等級ごとで支払われる賠償額が異なることを初めて聞きました。そこで、ぜひ賠償額が多い等級で認定してほしいと思っていますが、症状さえ言えば容易く認定されますか。

 

-----そんなことはありません。被害者本人自ら、積極的に認定を立証する!という気持ちでいることが大切です。特にGさんのようなむち打ち症には、14級に該当するのか12級に該当するのかで、認定に争いが生じることがあります。


そこで、症状を具体的に主張していくことに加え、自らの主張を立証すべく、高松の担当医師の協力の下、自らの症状が画像として鮮明に表れているような検査を行うこと等が大切になってきます。


(1)後遺障害損害の算定はどのように行われるの?
後遺障害損害については、自賠責保険から給付される自賠責保険金額は等級ごとに定められています。


もっとも、後遺障害損害については具体的に以下の2つの損害を足したものだと考えられています。
後遺障害損害後遺障害逸失利益後遺障害慰謝料
逸失利益の算定方法…詳細は以下(2)をご覧ください。
慰謝料の算定方法…詳細は5.(2)をご覧ください。


(2)逸失利益の算定方法
基礎年収×労働能力喪失率×労働能力喪失期間との計算式により算出されることとなります。
基礎年収とは、原則、被害者の現実収入額を基本として算出されます。
労働能力喪失率とは、事故前と比較し、事故後で何%労働能力を喪失したのかという問題です。
労働能力喪失期間とは、労働能力を喪失したのが今後いつまで継続するのか、その期間を指します。


以下で具体的に労働能力喪失期間がどのように認定されているかを見ていきましょう。


まず、四肢欠損等の障害の場合には、永続的に残存するものですから、就労が可能な67歳までが労働能力喪失期間として算定されます。


対し、むち打ち症等の神経症状の場合は、心理的な原因により症状が悪化したりするために、永久に残存するとは評価しにくいため、後遺障害等級が14級と認定されれば5年、12級と認定されれば10年程度として算定されることが多いです。


いずれにせよ、逸失利益の算定にあたっては、どの部分に障害を負ったのか、そしてその内容により、実態に応じた喪失期間が算定されることとなります。

 

後遺障害について、疑問点などがあれば、高松の弁護士へ相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容