交通事故における慰謝料

高松在住のEさんは交通事故に遭い、両下肢が自分の意思通りには動かない重度後遺障害を負いました。登山を趣味とするEさんにとっては、以後登山が不可能な身体になってしまったことで、多大な精神的苦痛を被っています。Eさんは慰謝料としていくら加害者に請求することができるでしょうか。

 

-----慰謝料については、民法典において具体的にこの場合は○○万円の慰謝料と定められているわけではありませんので、一概に判断することはできません。

 

もっとも、一定の基準は存在し、自動車損害賠償保障法では保険会社が支払うべき基準(以下「自賠責保険基準」)、弁護士が使用する裁判所の基準(以下「裁判所基準」)の2つが現在は提示されています。

 

以下で、詳細を検討します。


(1)慰謝料とは?
交通事故により、体の一部を喪失したり、失明すると、その事により多大な精神的ショックを被ります。この精神的苦痛を金銭的に評価したものが慰謝料です。

 

このようにそもそも、金銭的評価が困難なもの金銭に換算するわけですから、慰謝料が一概に判断することができない性質のものであるということも無理はありません。


(2)慰謝料の基準
①傷害を負った場合の慰謝料と②死亡した場合の慰謝料に分けて検討していきます。


①傷害を負った場合の慰謝料

 


自賠責保険基準

日額4200円とし、被害者の傷害態様、実治療日数等を考慮して治療期間の範囲で支払う。(上限は120万円)

裁判所基準

多覚所見のないむち打ち症の場合:
入院1か月あたり慰謝料35万円

その他の症状の場合:入院1か月53万円

 

以上のような基準にはなっていますが、傷害慰謝料は、治療期間と傷害の内容、程度等、総合的に判断した上で決定づけられるものであり、上記基準を機械的に当てはめて決定される性質のものではないという事を認識することが大切です。


②死亡した場合の慰謝料


自賠責保険基準

死亡者本人に対して支払われる慰謝料

350万円

遺族に対して支払われる慰謝料

請求権者1名:550万円
請求権者2名:650万円
請求権者3名以上:750万円
被扶養者の存在:加算200万円

裁判所基準(基準額は遺族慰謝料を含んだ額)

一家の支柱(※)が死亡した場合
準支柱

 

2600万円~3000万円

 

※「一家の支柱」とは、被害者の家族が、専ら被害者の収入により生計を営んでいた場合のその被害者を指します。

 

交通事故の慰謝料について不安な点があれば、高松の弁護士へ相談しましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容