症状固定とは?

高松で交通事故に遭い、後遺症が残るなど、医師の診断によって、これ以上治癒しても良くなることはないという診断を下されることもあります。

 

では、被害者は永続的に加害者に損害賠償を請求し続けることになるのか、というとそのようなことはありません。

 

どこかの段階で、治らないことそのものを損害として評価します。その段階を症状固定時期と呼びます。


では、症状固定は、一体誰が判断すべきなのでしょうか。


どのような大きな手術を受けた方でも、半年ほど経てば社会復帰ができるほどまでには快復されていらっしゃると思います。

 

高松の交通事故でも、通常半年を経過すれば後遺障害診断を含め、症状固定時期の段階に入ることとなります。


しかし、ここで「いや、私はもっと治療を続ければ治るはずだ」、「私はもっと良くなるはずだ」との思いで、まだ症状固定時期とするには尚早だとの気持ちをお持ちの方も多くいらっしゃいます。


他方、医師や保険会社はこれ以上いくら治療を続けてもこれ以上の改善は見込めないと判定しているのですから、被害者との間に温度差が生じてしまいます。


このような場合には、症状固定時期に関しては被害者自らが決断をする勇気が必要となってきます。


その際に、被害者にとって望ましいことは何なのかということを念頭において決断してください。

 

いつまでも治療を続け、加害者への怒りにさいなまれることよりも、適正な後遺障害等級の獲得と補償の確保できるのであれば、症状固定時期であると自ら決断しましょう。


その際には、適正な等級と十分な補償を獲得すべく、高松の弁護士の力もぜひ活用していただきたいと思います。


しかし、中には特殊な例もあります。 半年でなく、数年を経てようやく症状固定と判定されるようなケースがあるのです。

 

具体的には、治療方法が全く確立されていない難病ともいえるような症例になってしまった場合であり、代表的なものとしては高次脳機能障・PTSD(非器質性精神障害)・CRPS(難治性疼痛障害)を挙げることができます。


PTSDは殺人事件などの衝撃的な事件に遭遇した方の中で多く発症するものです。ただ、精神的な部分が多いので、治療法が現段階において確立しているとはいえません。

 

CRPSについてもどのような原因で痛みが現れるのかが明らかになっていない症状です。


これらの症状の場合、1年間以上の治療を続けた後に症状固定を決断するのが一般的です。

 

また、事故被害者が児童の場合で、高次脳機能障害であれば、発達障害確認の必要もあることから、症状固定には2年以上の経過観察が必要とされています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容