加害者に休業損害を請求しよう

高松で交通事故に遭うと、入院等で仕事・営業に中断が生じ、多大な影響が生じます。特に仕事から離れることによって、当座収入が入ってこないというところが問題になります。


そこで、加害者にまずは休業損害を請求しましょう。休業損害とはその名の通り、休業することによって生じた損害のことを言います。

 

では、休業損害はどのように算定するのでしょうか。

 

この点については、①サラリーマンか、②自営業者か、で大きく異なります。


まず①サラリーマンの場合を見ていきましょう。


事故前3か月間の総収入額÷90日を計算します。この計算式で算出された金額が1日分の単価となります。この1日分の単価に休業日数を掛けることで、休業損害は算出されます。


サラリーマンのように給与所得を得ている方であれば、源泉徴収などで、休業損害を算出することは容易に行えます。


次に②自営業者の場合です。


自営業者の場合、毎年のように収入に変動が生じますので、サラリーマンの場合のように単純に計算することはできません。

 

そこで、確定申告の書類が休業損害を算出する上で重要な資料となります。確定申告の書類には、売上高、経費、利益、納税金額が記載されています。


では、売上高のみを休業損害として請求すればよいのでしょうか。


そんなことはありません。営業を停止していたからといって、家賃・地代・租税公課等の経費についての支払まで停止して、営業を再開するまで、これらの経費は支払わなくともよいとなるわけではありません。

 

そこで、売上高のみならず随時発生している経費についてもきちんと請求をしましょう。


請求額の正確性を期すためには、確定申告書のみならず、総勘定元帳から休業損害請求に役立ちそうな部分をピックアップした上で、それらの資料と共に請求することも考えられます。


高松で事故に遭い、入院等で休業せざるを得なくなり、収入が入ってこなくなった時は、その収入に相当する金額を休業損害として加害者に支払ってもらえるという事を、ぜひ念頭においておきましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容