加害者に謝罪をしてほしい

高松で交通事故を起こした時にまず困ると言われているのが、警察官の取り調べです。


交通事故の被害者の立場に立たされると、加害者にきちんと誠意のある態度を見せてほしい、謝罪をしてほしい、と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

どこまで加害者は反省しているのか、また加害者が憎いという気持ちにすらなることもあるかもしれません。

 

加害者の方に謝罪を求めたいという気持ちは、被害者の感情として至極当然のものです。

 

それゆえ、加害者の誠意ある謝罪の言葉により、被害者のこのような感情が少なからず薄まるというのであれば、その意味においても被害者が加害者に謝罪を求めること自体は悪いことでは決してありません。


しかし、被害者の方にぜひ留意しておいていただきたいことがあります。


まず、示談交渉は、被害者のそのような感情を消化させることを目的として行われる交渉ではないということです。


そもそも、示談交渉は被害者の怪我・物的損害・それらを原因とした休業損失等の被害について、加害者としてどのように賠償責任を果たしてくれるのかという、あくまでも現実的な側面からの問題について話し合おうとしているにすぎません。


すると議論すべきは、高松の交通事故により負わされた怪我のこと、そして後遺障害のこと、さらには肉体的・精神的苦痛に対する慰謝料をいくらと考えているかという事柄についてなのです。


しかしこの場面で「加害者に謝罪してほしい」との感情面についての話から始めてしまうと、肝心なお金の部分に話し合いが到達するまでに、もの凄く長い時間を要することになってしまいます。


では、被害者としては一体どのようにして加害者の謝罪を求めたらよいのでしょうか。


そもそも、加害者側が加入している保険が任意保険の場合には、保険会社の方が加害者に被害者に会うことを禁じている場合が多いので、加害者は被害者の入院先にめったに来ないというのが実情であります。


それでも、やはり加害者に謝罪してもらいたいとの希望があるのであれば、「謝罪をしてほしいのだ」と高松の代理人を通じて加害者側に伝えましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容