警察官の取り調べ中に気をつける事/後から後遺症が出たら別にお金を請求

高松の交通事故を起こした時にまず困ると言われているのが、警察官の取り調べです。


中には、加害者の悪質な運転が原因で起こる交通事故もありますから、そのような場合には「取り調べにあたる警察官が横柄だ、許せない」などというのはいささか図々しいかもしれません。


ですが、被害に遭った側が急に道に飛び出してきたり、運転手が徐行していたにも関わらず、自分から車の方に突っ込んでくるようなこともあり得ます。


このような時に警察官が完全に加害者を悪者扱いするようなこともないとは言えません。 こんなことになったら、まず加害者は真実だけを話すことに集中するべきです。 自分を守るために嘘をつくようなことはしてはいけません。


後で科学的な証拠や証言などにそれが覆されることになるでしょうから、何を聞かれても本当のことだけを話すべきです。


また、冷静に対応することも大切です。


高松で交通事故を起こした後は、興奮して何を話しているのか自分でもわからないほど錯乱することもあるそうです。


このような時に、警察官の発言に噛みつく加害者もいるようですが、このようなことでは事件解決には程遠くなってしまいます。

 

警察官による取り調べを受けて、卑屈になる必要はありませんが、自分の法律の知識をひけらかして「このようなケースでは・・・」などと理屈を並べ立てるのは避けるべきでしょう。

 

また、交通事故で心配なことのひとつに、「後遺症」があります。


後遺症が残ってしまうと、仕事やプライベートにも支障が出ることもあります。 特に、結婚前の女性はこのようなことを気にされる方も多いかもしれません。


1度示談がまとまってしまうと、原則としてそのやり直しは認められていません。 ですから、いったん示談が成立すると追加でお金を請求することは難しくなります。


ですが、示談が成立した後に本当に予想外の後遺症が出たような場合には、この後遺症についての損害賠償請求は後からでもできます。


これは、示談書を作る時に後遺症が出ていないのならば、示談書に後遺症について書かれていなくても大丈夫だそうです。


このようなことを見越して、あらかじめ示談書に後遺症が起きた場合のことを盛り込んでおくこともいいとされています。


「将来後遺症が発生した場合、それに対する損害賠償について、示談書で定めた損害賠償金とは別に、加害者から被害者に支払うこと」という条項を入れておくだけで安心です。


後遺症がもし出てしまったとしても、このような一文が入っているだけで改めて損害賠償請求を行う時にスムーズに事が運ぶでしょう。


交通事故の後遺症は、いつどのような時に発症するかわからないものも多いとされています。


高松の交通事故の被害者となった場合には、このようなことにも気を配っておく必要があるでしょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容