示談が進行しない場合は、訴訟を/示談に応じない加害者は、裁判や調停で

高松の交通事故における示談交渉がなかなか進行しないというケースは、意外とよくあるものです。


たとえば加害者が、自分に責任がないと思い込んでいることもあります。 本人に責任があったとしても、被害者さえそこにいなければ、とすら考えている人もいるそうです。


また、責任があると理解していても、お金を払いたくないと考えている加害者もいます。


本当にお金がない、資力がないという場合もありますし、そんなお金は払いたくないというだけの人もいるでしょう。


このような時に、実際に責任があるかどうかは法律で判断されることになるでしょう。


しかし、どう見ても「相手が悪い」としか言えないような場合には、大なり小なり責任があることは間違いないと思われます。


相手が示談に応じない場合には、まずは相手の資力を調べる必要があります。 財産があるのか、そして任意保険に加入しているのかを確かめるべきでしょう。


相手に財産がある、任意保険に加入していることがわかった場合には、すぐに裁判を起こすべきです。


賠償金を支払うだけの余裕があるのにそれに応じていないような場合には、訴訟を起こすだけでも効果があります。


訴訟を起こされると慌てて示談を進めようとする加害者もいますから、ここで示談を進めてしまいましょう。


東京には交通専門部などもありますから、迅速な処理が望めるはずです。

 

交通事故において、被害者と加害者が冷静に話し合うのは本当に難しいと言われています。


加害者によっては誠意を見せてくれる人もいますし、反対にお金は絶対に払いたくないという人もいます。


ですが、改めて示談をしようと働きかけていくうちに、「もしかして私が悪かったのかもしれない」と気付く場合もありますし、実際に裁判を起こされた場合には「裁判になったら、とんでもない慰謝料を要求されるかも」と勝手に想像して、慌てて示談に応じる人もいるそうです。


また、示談金の額を通じて揉めることも多いと言われています。


特に、相手に財産がないような場合には苦労するでしょう。 払ってほしくても、元々のお金がなければ支払うことができないからです。


このような時には相手になんとか一時金を作ってもらい、その金額で納得がいかなくても手を打つこともあるそうです。


それすらも難しそうな場合には、裁判よりも調停が向いているとされています。


調停で話し合いを持てば相手も納得しやすいでしょうし、判決と同じ効力を持つという調停調書を作ることもできます。


高松の交通事故の調停は、一般的にまとまりやすいとも言われています。


もしも示談で困ってしまったら、調停で話し合いの場を持つということも選択肢に入れておくべきでしょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容