交通事故で下される刑事罰/示談を成立させておくと刑事処罰が軽くなることも

高松の交通事故で死亡者が出てしまった場合には、その加害者は刑事責任をとるのが一般的とされています。


死亡事故、もしくは負傷事故を起こした場合には「自動車運転過失致死傷罪」という犯罪にあたります。 この罪では、7年以下の懲役か禁錮刑、または100万円以下の罰金に処せられることになるそうです。


この加害者側の運転手が無免許だったり、飲酒運転をしていた場合にはもっと罪が重くなるでしょう。


「自動車運転過失致死傷罪」のほかに、「道路交通法違反」の罪に問われることがあるでしょう。 さらに罪が重くなることもあり得ます。


このような時に、当人だけで話し合うことにして警察に届け出ない人もいるようですが、このようなことは元来いいこととはされていません。


高松で事故を起こした場合には警察に届け出て、きちんと捜査をしてもらうべきでしょう。


そして警察による現場検証や聞き込みを経て、検察庁に事件が送致されます。 ここで、加害者への処分が決定します。


罰金刑なのか、禁錮刑や懲役刑を求めるかなどは、検察官による判断で決定されるでしょう。


そして裁判で実際に判決が下されることになります。


懲役でも禁錮でも、刑務所に入ることにはなります。 ですが、一般的には禁錮のほうが懲役よりは罪が軽いとされています。


また、その事件によっては執行猶予がつくこともあります。 この執行猶予がつくと、一定期間罪を犯さなければ刑に服さなくてもよくなるとされています。

 

交通事故の加害者と被害者で示談が成立している場合、それが刑事処分に影響があることもあるようです。


これは、被害者が既に加害者の処罰を積極的に求めているわけではないということが証明されるからでしょう。


示談をしている場合としていない場合では、処分が変わってくることもあります。


起訴される前に示談ができたような場合には、加害者は示談書や領収書を警察に提出する必要が出てくるでしょう。


示談前に起訴をされた場合には、なるべく早く示談をすべきだそうです。 判決を受ける前には、示談書を提出する必要が出てくるでしょう。


近年では、高松の交通事故に対する刑事処分は厳しさを増していると言われています。


ニュース報道などでも、飲酒運転や無免許運転による痛ましい事故が増えているからかもしれません。


ですから、示談ができているから処分が絶対に軽くなる、というわけでもないそうです。


無免許運転や飲酒運転による交通事故や、ひき逃げなどは特に悪質な犯罪と考えられています。


信号無視やスピード違反による高松の交通事故も同様でしょう。 このような交通違反による死亡事故は、実刑を免れないとも言われています。


ですが、実刑の場合でも示談ができている場合には、刑期が短くなることも多いようです。


しかし、被害者の気持ちを優先して、その傷付いた心を逆なですることがないようにするべきでしょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容