増え続ける『~ながら』運転の危険/”安全運転”も過剰過ぎると事故の元

高松の街を歩いていると、必ず一人は“ながら運転”をしているのを見かけます。


ながら運転というのは、何かをしながら車や自転車を運転することで、最近では自転車の音楽を聴きながらの運転が注目されていました。


ほかにも、携帯電話を使用しながらの運転も“ながら運転”の代表と言えるかもしれません。


また、自動車を運転している人の中には爆音で音楽を流し、自分たちだけではなく周りまで巻き込んで、運転の妨害をしてしまう人もいます。


これによりクラクションが聞こえなくなり、危険を察知できなかったという例もあり、とても危険な行為と言えるでしょう。


ながら運転は、高松の交通事故の元です。


ながら運転により注意力散漫になったことで、自動車や自転車、歩行者を巻き込んで大きな事故になり、取り返しのつかない事態を招いてしまうこともあります。


交通事故が起こる要因には、やはりこうした運転への集中できない環境を自ら作り出していることが少なからず関係しています。


ながら運転による交通事故が多くなったことにより取り締まりが強化されたものの、それでもやはり、ながら運転はなくなりません。

 

交通事故で引き起こされるのは、悲しい出来事だけです。


悲しい出来事をなくすため、できるだけ高松の交通事故を無くせるよう、ながら運転をやめるなど、一人ひとりが注意していきましょう。

 

交通事故が騒がれている昨今、“安全運転”をしている人もいると思います。


しかしながら、事故を防ぐためにしている安全運転も、時と場合によっては高松の交通事故を引き起こしてしまうこともあります。


交通事故に合わないために安全運転をしている人は、ほとんどの場合規則通りに運転しています。


ですが、その“規則通り”が、時と場合によっては裏目にでてしまったり、かえって交通事故につながってしまうという例もあるのです。


たとえば走行スピードに気を付けているとします。


しかし標識を守った速度でずっと走行するにしても、車通りの多い場所によっては、かえって渋滞を巻き起こしてしまい、それがもとになって交通事故が起こってしまうこともあります。


他にも、正しいはずの交差点の右折が、かえって他の運転者のリズムを乱してしまい、交通事故につながってしまうこともあります。


交通ルールを守って運転するのは、運転者としては正しいですが、あまりにも過剰に守りすぎるとかえって裏目に出てしまうこともあるのです。


正しい運転をしている人にしてみれば寝耳に水といった風かもしれませんが、周りに足並みをそろえ、ほどほどに安全運転を心がけるほうが、交通事故を起こさない第一歩になるかもしれません。


これまで“安全運転”を心がけてきた人も、高松で交通事故を起こさないために今一度考えてみるのもよいと思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容