意外と多い『運転不適格者』の存在/自転車の車道走行について

自動車が起こす高松の交通事故は、年々増減はあれど、決してなくならない社会問題の一つです。


その理由としては、“運転不適格者”の存在が大きく関係しています。


運転不適格者というのは、文字通り自動車の運転に不適格な人の事を指します。


車を運転している人ならわかると思いますが、公道を走っていてスピードを出しすぎる車や、黄色に点滅している信号を無理矢理わたっていく車、無理矢理割り込んでくる車など、荒い運転をしている人がいます。


こういった運転者に対して『危険』であると感じたことがある人は多いと思います。


実際、こういった運転をしている人は高松でも交通事故を起こしやすく、人身事故などを起こす可能性がとても高い人物でもあります。


こういった人物は他の運転者や歩行者にとって危険なのですから、運転免許を取得する前にどうにかしてもらいたいものですが、残念ながらその手段がないのが現状です。


運転不適格者であることが教習所に通っている間、免許を取得する前に判別して免許を与えないようにできれば一番良いのですが、実際のところそういった試験時には大人しくしている不適格者も多く、しっかりと判断できないのです。


そのため、実際に高松で交通事故が起きてしまうまで、運転不適格者であるかどうかを認識することができず、また交通事故を起こして免許を取り消されてしまっても、時間が経てば再交付できてしまいます。


こういった運転不適格者への適切ではない処罰がまた交通事故を起こしてしまうのですから、もう少し適切な処罰を考えて行く必要があるのではないかと思います。

 

最近注目され始めましたが、以前から自転車は車道を走る決まりになっていました。


しかし、自転車が車道を走る事について、高松でも様々な意見が交わされています。


まず、自転車が車道を走るということで車の運転手側の意見ですが、自転車が車道を走ることで道路が狭くなり、高松の交通事故につながってしまう可能性がある、と言われています。


また、自転車は人間が漕いで進むものですから、風で煽られたり砂が目に入ったりすることでバランスを崩し、車道に飛び出してくるのでは、という危険も示唆されています。


もし自転車と自動車が交通事故を起こした場合、ほとんどの責任は自動車側になってしまうこともあり、自動車からするとあまり自転車に道路を走ってもらいたくないというのが本音でしょう。


しかし歩行者からすれば、自転車には道路を走ってもらいたいという思いも強いです。


自転車と言えども相当のスピードはでますから、ぶつかれば歩行者は相当なダメージを負ってしまいます。


高松で起きた自転車と歩行者の交通事故は今までにもたくさんあり、それを懸念すると、やはり自転車は車道を走った方がいい様にも思えます。


しかしながら結局のところ、自転車が歩道を走れば歩行者が、自転車が車道を走れば自転車側が交通事故の犠牲者になってしまう可能性が高いのが現状です。

 

どちらにしても交通事故が起きてしまう可能性があるのですから、根本的に交通法の改善が必要となってくるのではないでしょうか。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容