二輪車による事故/交通事故はどうして起きるの

高松の交通事故というと四輪車による事故をイメージする人が多いかもしれません。 しかし、それ以外の車でも交通事故というのは発生します。


例えば二輪車であるバイクによる事故です。


バイクは一般的な車と比べて車体が小さいという特徴があります。 そのため狭い道などでも通行しやすいというのが大きなメリットです。


しかし、それゆえ他の車の陰に隠れる可能性もあると言えるでしょう。 歩行者や他の運転者の死角になりやすいため、事故が起こりやすくなってしまうのです。


また、自転車による事故というのもあります。 自転車は免許が無くても乗ることができるため、利用する人も多いことでしょう。

 

しかし、自転車もバイク同様車体の小さい乗り物です。 そのため周りの人たちから認識されにくいと言えます。


自転車による事故で、最も多いとされるのが出会い頭による事故です。


自転車は前述したように周りの車などから認識されにくい乗り物です。 このため、見通しの悪い場所では特に自転車との接触が多くなると言えるでしょう。


このように、乗用車以外の車による事故というのも発生しているのです。


路上を運転する時は四輪車だけに気をつければ良いという訳ではありません。 バイクや自転車といった二輪車の動きにも十分注意するようにしましょう。

 

交通事故は車を使用することで発生することが多いのは間違いありません。 ほとんどの交通事故は車の運転者によって引き起こされていることになります。


実際に高松の交通事故の原因のほとんどは運転者側にあるとされています。 歩行者によって事故が引き起こされることは滅多にありません。


では、具体的にどのようなことが原因で事故が発生しているのでしょうか。


例えば、運転者の怠慢な行動です。


車を使用するときは左右確認といった安全確認を行うことが義務付けられています。 しかし、ドライバーの中には安全確認をしっかり行わない人もいるでしょう。

 

安全確認をおろそかにすると事故を起こす確率が飛躍的に上がります。


また、歩行者の存在を認知しなかったために高松の交通事故が発生することもあります。


歩行者は横断歩道の無い道路を横断してくることがありますが、この場合、車側は歩行者が安全に渡れるよう停止しなければなりません。


しかし、車は急に止まれない、という言葉があるように歩行者を認知するのに遅れると安全に停止することができなくなってしまいます。


運転者は周りの状況を認知することを決して怠ってはいけません。


高松のほとんどの交通事故は車によって引き起こされるものですから、当然運転者は車の使用に注意する必要があります。


必ず安全な運転を怠らないようにしましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容