交通事故証明書に間違いがあったらどうする?

高松の交通事故における示談交渉の場合も、損害賠償請求の場合も、交通事故についての各種書証を用意しなければなりません。 

 

交通事故証明書は、いろいろな場面で必要となりますから、最も重要な書類といえますが、警察への届出の無い事故については交通事故証明書の発行はしてもらえません。 そのため、高松で交通事故があったら、直ちに最寄りの警察に届け出なければなりません。 

 

交通事故証明書は、最寄りのセンター事務所に申請してください。  他府県で起きた交通事故についても、最寄りのセンター事務所で申請できます。(他府県の場合は後日郵送となります) 

 

証明を受けられるのは、交通事故の加害者、被害者、損害賠償の請求権のある親族、保険の受取人など交通事故証明書の交付を受けることに正当な利益のある方となります。 

 

交通事故証明書は、人身事故については事故発生から5年、物件事故については事故発生から3年までで、それを経過したものについては原則交付してもらえません。 

 

実は、交通事故証明書の車のナンバーが間違っていたなど、誤った記載がなされる場合が稀にあります。 交通事故証明書を入手したら、間違いがないかを必ず確認してください。 

 

誤った記載を発見した場合は、最初に交通事故を取り扱った警察署交通事故係へ内容が間違っている旨を申し出る必要があります。 

 

警察署で確認を受けた後、交通事故証明書を発行した自動車安全運転センターへ原本の証明書を持参するか郵送で訂正を受けていただくことになります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容