弁護士さん、本当のところ交通事故の示談交渉はいつ始める?

高松の交通事故での示談交渉を始めるタイミングについて、よくご質問をいただききます。

 

実は法律上の規定がないというのが本当のところでして、「いつの時点で」という明確な回答はできないのです。 

 

しかし、交通事故の形態によって、次のように分けられているのが一般的ですから、参考にしてください。 

 

○傷害事故の場合   傷害であれば、「治癒」或いは「全治」と診断されてから示談交渉に入ります。  双方早くに解決したいと望んでいるため、交通事故の直後から示談交渉を開始できればという思いはあるでしょうが、治療中であれば総損害額を確定することは困難です。 

 

最終的な損害額の話合いをするためには、どうしても全治まで待たなければなりません。軽症であればひと月程度、重症でも後遺症が残らない程度であれば半年くらいというところです。

 

全治以前に示談を済ませてしまうと、予想外に治療が長引けば、治療費の持ち出しや休業損害の読み違いなどで被害者にとっては不利なことばかりです。 

 

○後遺障害事故の場合   後遺症が残るほどの損傷であれば、症状固定時までは、示談交渉はできません。 

 

○死亡事故の場合   被害者が交通事故によって死亡してしまった場合には、事故から何日というのではなく、亡くなって四十九日が過ぎてからと覚えておきましょう。  遺族の気持ちを考えて、死のショックが和らいだ頃から被害者遺族の様子をうかがいながら始めるのが礼儀というものです。 

 

○物損事故の場合  これは、交通事故直後でも損害額が確定できるため、双方の用意ができた段階で示談交渉に入ってかまいません。

 

交通事故の示談について何か不安なことがあれば、高松の弁護士事務所へ相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容