交通事故の損害賠償では”積荷”の商品も賠償請求できる?

会社の業務で配送していた商品が、高松で交通事故に巻き込まれてしまったことで大量に破損し、大きな損害を受けたとすれば、その積荷についても損害賠償金を請求したいところですよね?

 

被害者側に明らかな過失があれば、過失相殺の適用も受ける可能性はあるものの、積荷であった商品についても損害額を請求することができます。 

 

高松の交通事故によって積荷が壊れたという因果関係が明白だという前提で、その際の損害額を計算する場合、原則として品物の時価で計算を行います。 

 

時価には、販売価格と卸売価格の2通りがありますが、再調達費用といって、新しく商品を買うのに要する費用が用いられるのが一般的です。

 

卸売価格の場合には、運搬費や包装費など商品そのものではなく、諸費用も対象にできますが、積荷を売った利益などは対象となりません。 

 

積荷は積んでいた分だけでなく、破損して売り物にならなくなった分だけで計算されることになります。 

 

また、商品自体に対しての損害だけでなく、その商品が届かなかったことで、取引上の打撃を受けたという場合も、その因果関係が確実に認められるものであるならば、賠償金に乗せて請求しても良いでしょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容