自転車用の損害保険を知る

高松では、自転車での交通事故が増加しています。自転車事故でも、加害者となってしまえば、自動車事故と同様の賠償請求を受けることになります。

 

そう考えると、自動車保険のように任意保険に加入しておいた方がいいかも。  そんな気持ちにもなりますよね。 

 

自転車用の保険には、自分が怪我をした場合の傷害保険と、相手に被害を与えた場合の個人賠償責任保険というものがありますが、事故になれば自分も相手も負傷する可能性が高いので、セットになっているのが普通です。 

 

自転車用の保険で注意しておくべきなのは、「自転車」と認識されるのは、「走行している状態」のことを言います。 

 

自転車は、車と違って乗らずに押していることがありますが、その時に人にぶつかって相手を負傷させたとしても、保険金は支払われません。  走行していないと「自転車」と認められないということなのです。 

 

自転車保険でなくても、相手の損傷についての賠償金ということであれば、「個人賠償責任保険」に加入しておけば、設定した金額までを上限として支払いの幅を広げられます。 

 

個人賠償責任保険は、自動車保険にもセットされていますし、その対象を広げることでも対処することは可能です。 

 

傷害保険を選択しておけば、自転車事故に限らず、さまざまな事故に対する備えとなりますから、おすすめです。  と言っても、私は弁護士であって保険屋さんではないので、詳細は保険の営業担当さんに聞いてくださいね。

 

高松の弁護士としても、皆さんがそれだけの備えをしてくれていれば、加害者となった場合でも、被害者になってしまったとしても、十分な補償をしてもらえるので、オススメはしますけれど。

 

日本サイクルスポーツ協会や日本サイクリング協会などの団体に入会することで、自転車総合保険のような補償を受けることができる、というのも余談として覚えておいてください。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容