高松の交通事故で被害者死亡の際、遺族が請求できるのは?

高松の交通事故によって被害者死亡の場合に、被害者の遺族が請求できる項目は、

①葬儀関係費、②逸失利益、③慰謝料、④弁護士費用となっています。 

 

なお、即死ではなく、治療後に死亡となった場合であれば、治療費や慰謝料等を別途請求することになります。 

 

それぞれの項目を見ていくと、 

①葬儀関係費  任意保険会社は、たいてい100万円前後で見積もってくるのが通例です。  しかし、裁判となれば150万円までは見込めるというのが通り相場となっています。 

 

②逸失利益は、被害者が生きていれば得られたはずのお金のことです。  将来受け取れたはずの金額を算定し、その金額を一時金として受け取ることを前提に中間利息を控除します。 

もちろん生きていれば、かかるはずの生活費については、「生活費控除」といって、必要とされる割合で差し引いて計算することになります。 

 

③慰謝料  死亡事故の慰謝料はおおむね次のようになります。

  a.一家の経済的支柱2800万円  b.母親、配偶者2400万円  c.その他2000万円から2200万円。何らかの慰謝料増額事由がある場合には、この金額は増額されることがあります。 

 

④弁護士費用  死亡事案には限らず、訴訟になって高松の弁護士が必要と認められる事案では、認容額の10%程度を相当因果関係のある損害として、損害賠償額に加算する一般的です。

 

交通事故でお困りの際には、高松の弁護士へ相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容