交通事故の葬祭費基準は60万円までって本当?

高松の交通事故では被害者が死亡する例も多く、ときには加害者まで死亡するケースも見られます。 

 

であれば、死亡した場合には多くの賠償金が得られると思いますが、こと葬祭費に関してはそれほどに多くありません。 

 

人を死亡させたことに対する補償については、それなりに大きいのですが、葬儀費用という面だけをみると、一定額で十分ではないか、という考え方になってしまうようですね。

 

確かに、葬儀は故人の生前の地位や人との関わりによって規模が大きく異なります。 

 

しかし、それは個々の条件で変わることであり、ひとりの人間の価値を社会的な存在価値で再計算するのはおかしいのではないかという理論も当然あっていいのだと思うのです。 

 

命の値段に違いはないとしている損害賠償の算定基準、その基本の部分がブレてはならないのだとは思います。 

 

と言っても、やはりここでも保険会社基準と裁判所基準では全く違った内容になります。 

 

保険会社の設定する自賠責基準で規定された葬祭費用は、原則として60万円までとなり、弁護士がすすめる裁判所(日弁連)の基準で規定された葬祭費用は130万円です。 

 

上限では170万円まで認めようというもので、両者には実に大きな開きがあることになります。 

 

ただ、自賠責基準であっても、60万円を限度と決めていますが、立証する資料があって60万円を明らかに超える場合には、妥当な実費に限って認めるという姿勢にはなっています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容