高松の交通事故で被害者も加害者も死亡したら賠償は免れる?

高松の交通事故では死亡という最悪な事態になることも少なくありません。  その場合、被害者も加害者も、つまり事故当事者すべてが死亡というケースも考えられます。 

 

損害賠償を考えるとき、もし被害者も加害者も死亡したという場合には、補償問題はどうなるのでしょうか? 

 

当事者が全員死んでしまったら、誰かが誰かに損害賠償請求するということができないし、それを受ける者もいないということになってしまいますね。 

 

しかし、実際には、被害者も加害者も死亡してしまったとしても、それで損害賠償責任が消滅するということにはならないでしょう。 

 

それはなぜか?  それは、死亡した当事者たちには、それぞれに相続人が存在すると考えられるからです。

 

死亡した加害者の相続人は損害賠償責任を相続することになり、死亡した被害者の相続人は損害賠償請求権を相続することになります。

 

被害者の相続人は、加害者が加入していた自賠責保険会社へ被害者請求をします。 

 

それで補償が十分に行われないのであれば、被害者の相続人は、加害者の第1順位相続人を探して損害賠償請求をします。 

 

手続上、相続人であることを証明する必要があるので、戸籍謄本などをとる必要があります。  もちろん、全く相続人がいないという方もいるとは思いますが、極めて稀です。

 

さらに、相続放棄や限定承認という権利を主張することで相続を回避されてしまうこともあるので、その場合には加害者の相続人に当たる人がいなくなってしまい、被害者遺族としては損害賠償をしてもらえない可能性も出てくるのです。

 

損害賠償請求などでお困りの際には、高松の弁護士へ相談してみてはいかがでしょうか。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容