交通事故加害者の自賠責が切れていたら?

高松で交通事故にあった時には、警察に通報し、その場で事故状況を確認・検分してもらい、その際に車検証とともに自賠責の加入証明も確認されます。

 

もし、その場で加害者である相手の自賠責保険が切れていたことがわかった!そんな場合には、被害者も加害者も「困ったな…」という気持ちになってしまいますね。

 

自賠責保険に加入していれば、状況に応じて損害賠償を受けることができますが、車検切れなどによって保険期間が過ぎてしまっていれば、それは無保険を意味します。 

 

当然、自賠責の適用を受けることはできません。  それでも、加害者が任意保険には加入しているということであれば、多少は安心できます。 

 

とは言っても、保険がカバーしてくれる分には限りがあるので、被害者にとっては大きな不安を残すことになるでしょう。 

 

それでは、自賠責が切れている(又は無保険)ものの、任意保険は有効だった場合に、被害者への支払いはどうなるのでしょう?

 

例えば、被害者の損害が治療費及び慰謝料などで400万円になるとしましょう。 

 

本来なら、自賠責保険から120万円が支払われ、任意保険から280万円が支払われることになるのですが、自賠責の適用が受けられないとなれば、加害者は自分の資力によって自賠責分を支払わなければなりません。 

 

自賠責保険があれば120万円は保険で支払われるものを、加害者が自己負担しなければならないというわけです。 

 

加害者側に支払い能力があれば良いのですが、なければ被害者の補償が十分になされないことになります。  被害者にとっては悲運としか言いようがありません。

 

何か不安な点などがあれば、高松の弁護士に相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容