高松の交通事故での被害者の重大な落ち度とは何?

「重大な落ち度」。それは、交通事故の賠償問題で過失相殺が検討される際によく使われる言葉です。 

 

落ち度=過失、ですね。  自賠責保険では、過失相殺が適用されるのは被害者側に重大な落ち度(過失)がある場合のみとなります。 

 

重過失(=重大な過失)と認定される事故は次のようなものです。 

 

○信号無視で道路を横断した場合。 

 

○道路標識などにより明らかに横断禁止となっているにもかかわらず横断した場合。 

 

○泥酔するなどして道路上で寝ていた(路上横臥=ろじょうおうが)ところを車に轢かれたという場合。 

 

○信号無視をして交差点に進入したために衝突事故となった場合。 

 

○駐停車禁止場所や、あきらかに駐停車するスペースではないところに駐車していたために追突又は接触する事故に遭った。 

 

○情状酌量の余地もないような理由により、センターラインをオーバーして反対車線の車両に衝突した。 

 

以上が、よくある事故での被害者側の重過失です。 

 

交通事故は、ともすると加害者ばかりが悪者扱いを受ける傾向にありますが、被害者側に問題があったために引き起こされるケースも、実際には多いものです。 

 

ゴールド免許所持者や、安全運転で無事故表彰をされた方が、被害者に重大な過失があったばかりに、「もらい事故」のようにして交通事故の当事者になってしまったという話もまたよく聞きます。 

 

裁判で闘えるような材料があるのなら、ぜひ一度高松の弁護士事務所にご相談いただきたいものです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容