交通事故の被害者も任意保険の内容を確認する必要がある理由とは?

高松で交通事故の被害者となった方は、怪我の治療や自動車の修理など、受けた損害に対して加害者側に請求することになります。

 

実際には、加害者側の加入する任意保険や自賠責保険などに請求することになります。ここで、被害者は、自ら加入している任意保険の契約内容についても確認する必要があります。

 

自分が加入している任意保険や、自分の家族が加入している任意保険の契約の中には、「搭乗者傷害特約」「人身傷害補償特約」「無保険車傷害特約」「弁護士費用特約」など、自分が被害者となったときに支払われる特約があるケースが多くなっています。

 

とくに、弁護士費用特約があれば、被害者の弁護士費用の一部を負担してくれる内容ですので、高松の有能な弁護士に依頼するときの経済的負担を考える必要がなくなります。 

 

ここで、注意したいのが、自分では自動車を所有していないケースでは、「同居している家族」が加入している保険契約の内容を確認します。 

 

また、一人暮らしの学生さんなどの場合は、「実家の両親」が加入している保険があれば、その内容を確認してみると良いでしょう。 

 

一般的に、加害者となってしまったときに利用するのが"任意保険"という認識になっていますが、自分が被害者となってしまったときの特約があるケースも多くなっていますので、忘れずに確認するようにしてください。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容