被害者の車両の修理で、レンタカー代を請求できないケース

交通事故の被害者が受けてしまった損害は、原則として全て加害者側に賠償を請求することになります。 

 

例えば、高松での自動車同士の交通事故の場合、事故の被害者の車両も損傷を受けることになりますが、受けた損傷の修理代や修理期間中の代車代、あるいはレンタカー代なども請求することになります。

 

しかし、交通事故の相手方、あるいは加害者の加入する保険会社の提示する修理内容では納得がいかないケースも見られます。

 

このときに、「保険会社との話し合いがまとまるまでの間のレンタカー代は請求できるか?」という問題が生じてきます。

 

この問題は、加害者側に請求できる修理代などに必要な期間を超えていることになりますので、この期間のレンタカー代は、原則として請求できない性質のものとなります。

 

比較的多くの交通事故被害者が納得できない、と不満に思ってしまうケースですが、修理に必要な期間以上の請求は困難になります。

 

このように、事故の被害者となった方が「当然請求できる」と思っていたものが請求できなかったり、逆に、「請求できるわけがない!」と思っているものが請求できることもあります。

 

加害者側に十分な賠償の請求をするためには、高松の弁護士のアドバイスを受けることも必要になります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容