高松の交通事故でペットが死んでしまったときは?

高松の交通事故の被害者は、人・物だけではなく動物にまで及んでしまうこともあります。

 

例えば、犬などのペットの散歩中に、信号無視をした車両と接触してしまい、自分が負傷しただけでなく、ペットの大切な命を落としてしまうことも考えられます。

 

この場合、法律上は、いくら可愛がっているペットでも「物」として扱われてしまうのが原則になります。

 

そのため、通常の物的な損害と同様に、評価されてしまうのが原則となっています。

 

しかし、交通事故の被害者である飼い主にとって、ペットはただの「物」ではなく、人によっては家族同然と考えて生活しているケースもあることが事実です。 

 

そのため、交通事故の被害者となったペットを「物」として評価した損害額では少なくなりすぎてしまうことがあります。

 

全てのケースで言えることではありませんが、このような場合に、飼い主に対して別途慰謝料が認められる可能性もあります。

 

大切な愛犬を失ってしまった飼い主の気持ちを考えると、別途慰謝料を算定することは当然のように思うかもしれませんが、実務では難しい請求となっています。

 

このようなケースも、交通事故に詳しい高松の弁護士を味方に付けて、加害者側との交渉に臨むのが良いでしょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容