お酒の飲み過ぎの危険/ビジネス出張の疲労

会社の仲間との飲み会、接待、結婚式、女子会などなど、お酒の席は楽しかったり緊張したり気を使ったり。 色んな人間模様が見え隠れする時間です。


お酒が入り、酔っぱらって無礼講をしてしまったり、具合が悪くなって同行者に迷惑をかけてしまうような事、高松の方も経験あるでしょうか。


若い頃ならそんな事もあったなぁ、と思う人や、今もそんな感じだという人もいることでしょう。


お酒が美味しくてついたくさん飲んでしまい、人に迷惑をかけてしまう場合は、お酒の量を調整できればベストです。


しかし、飲み始めると、それを抑制したりペースを考えるというのは難しいという人もいると思います。


なので、第三者に協力をお願いするというのも一つの方法です。


飲み過ぎていたら声をかけてもらったり、どのくらい飲んだら酔いが回るかを見ておいてもらったりするのです。


記憶をなくすくらい飲んでしまう人は、ちょっと危険です。 急性アルコール中毒になってしまえば、最悪の場合、命を落とします。


また、一人で帰宅する際に、ふらついて交通事故に遭う危険もあります。


駅構内や路上で眠り込んでいる人も要注意です。 大事な持ち物を擦られるかもしれません。


女性が一人でこのような事態になるのも危ないです。


朝にあればケロリという人でも、酔っている間は色々なリスクが付きまといます。

 

また、高松で、普段車で移動をしているという人は、お酒を飲む予定がある場合には、公共交通機関を使うべきでしょう。

 

 

仕事で出張が多いと、ホテルでの寝泊まりも多くなります。 枕が違うとよく眠れないという人にとっては、外泊が重なると辛いかもしれません。


それを少しでも快適に変えられるように、自前のタオルケットやパジャマを持参する人もいます。


シャワーのみで湯船に浸からない人、しっかりお湯を張って湯船に浸かる人、とそれぞれですが、もし湯船に浸かる場合には入浴剤を持っていくのもおすすめです。


その日の疲れを少しでも解消するために、入浴時間は大事にしたいものです。


移動時間はその長さや移動手段によりますが、自動車での移動は眼精疲労や背中と腰の疲れにも気を付けたいところ。


集中していない状態での運転は、高松の交通事故の原因になります。 ましてや仕事中なので、余計に神経を使います。


鉄道や飛行機での移動だと、寝るか読書するか仕事するかといった感じでしょうか。


移動時間が長いと、座っているだけでもじわじわと疲れが溜まります。


なので、機内用のマイスリッパや耳栓やエア枕など、自分なりの対策グッズを用意するのもよいと思います。


また、自分のお気に入りのビジネスホテルを見つけたり、その地方のグルメを楽しむ余裕があればより快適に過ごせることでしょう。


出張で夜にお酒を飲む機会がある人もいますね。 翌日に体調が狂わないように、気を付けて過ごしましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容