Si○iとかコン○ェルとか

最近の携帯電話や携帯端末は、話しかけるとその内容に応じた対応をしてくれるっていうのが増えてきていますよね。

 

音声認識という機能は昔からあったのですが、以前はその認識度がかなり悪く、あまり実用的なものではなかったわけです。

 

しかし最近ではその性能も飛躍的に上がってきていますから、これからはこういった使い方が 一般的になっていくことでしょう。

 

車の運転もこれで出来たらすごいかもしれませんね。

 

話しかけることで運転をサポートしてくれるようになれば、交通事故が起こる可能性も減るのではないでしょうか。

 

話すという行為で脳も活性化されれば、ぼんやりと運転するようなこともなくなるでしょうしね。でも高松の方言などもしっかりと理解してくれるのかちょっと心配ですよね。

 

さらにもっと地方の方言とかも理解してくれないと、 人によっては使いこなせないといったことになりかねません。

 

「部屋にあっても車にはない」

仕事で車を使っている人は、車の中にいる時間が家にいる時間並に長いという人もいるのではないでしょうか。

 

そうなると車の中の空間というものも、リラックスできるこだわりの場所にしておきたいものですよね。

 

いるだけで常にストレスを感じてしまうような空間なら、仕事にも自分にも支障が出てしまいますからね。

 

度が過ぎてしまえば、その疲れから高松で交通事故を引き起こしかねません。 でも、部屋にあっても車にはないものって、結構多いんですよね。

 

たとえばカレンダーをおいている車ってあまりないと思うんです。

 

家具とかはもちろんですけど、部屋と車の空間って言うのは、やはり色々と違うようですね。 車内空間は案外地域性も出るかもしれません。

 

車を使用する頻度の高い、高松の人は他の地域の人とは、違った車内空間を求めるかもしれませんしね。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容