子供の迷子を防ぐには/眠気をやっつける

小さな子供と出かける時、親の立場としては、色々な心配が付き物です。


常に親が目を光らせて、離れないように心がけるものの、子供の動きはやんちゃで素早いので、 いつの間にかどこかに行ってしまい、迷子になってしまう可能性があります。


遊園地や広いお店で子供が迷子になると、探すのが大変です。 さらに道路に飛び出してしまえば高松における、交通事故の危険もあります。


このような事態を防ぐためには、しっかり手を握り行動することが大切です。


キッズスペースなどがあれば、その限られたエリアで行動するようにしてあげるのもよいと思います。


子供の持ち物にも工夫しておくと、いざという時に助かります。 例えば、目立つようなリュックサックを背負わせて、見つけやすいようにする。 これは帽子でもいいですね。


本当は携帯電話でも持たせればいいのでしょうけど、小さな子供にはそれは難しいと思うので、原始的かもしれませんが、身に付ける物でアクセントを付けることは結構大切です。


小学生くらいの子供なら、はぐれた場合の集合場所を店に入った時にもう決めておくとよいです。
これを癖にしておくと、探し回る時間の短縮になります。


行楽シーズンの観光地は迷子が多く出ます。


迷子の案内放送が流れるのを耳にする事もよくありますので、親は常にしっかりと子供を守る心がけをしましょう。

 

 

授業中や会議中に眠気が襲ってきて困ったという経験があるという人、きっと大勢いらっしゃると思います。


特に昼食後は、強い眠気がやってきて、自分との戦いになりますね。 皆さんはこのような時にどういった対策をするでしょうか。


高松の高速道路のサービスエリアでは、居眠りによる交通事故の防止のために休憩をとっているトライバーさんが沢山居ます。


そう、眠い時は思い切ってしっかり休むという事が、最もよい対処方法です。 無理をして、万が一事故になってしまったら大変です。


しかし、会議中に思い切って寝るわけにはいきません。 コーヒーを飲んで眠気を飛ばすという人は結構いますね。 カフェインが多めに入っているドリンク剤もこんな時には役立ちます。


あまりカフェインに頼りたくないという場合には、ミントのガムやキャンディーで刺激を与えるのもよいでしょう。 あと、アイスクリームや冷たいタオルもいいみたいです。


一回起立してリフレッシュする人もいるそうです。


お部屋の室温もぽかぽかしていると眠くなるので、空調の管理も実は重要です。


色々な対処法がありますが、もし眠気で悩んでいる方は、自分のベストはどれか試してみるものよいと思います。

 

受験生の間では眠気対策の話で盛り上がることもあるくらい、様々な対策がありますよ。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容