ルールを守れないのは問題外

ちょっとのルール違反なら問題ないと考えてしまうことってありますよね。 たとえば未成年のうちなら、交通規則をちょっと違反したいと思うような 考え方だって結構あるはずです。

 

反抗期や思春期というものは、少なからずそういった感情があるものですからね。 しかし大の大人になってまで、ルール違反をすることは恥ずかしいことです。

 

それを守ることが出来てこそ大人といえるでしょう。けれど、 交通事故はそれが守れていないからこそ起きてしまうわけです。

 

高松で起きる交通事故も、そういったルール違反が原因のものがたくさんあります。

 

こうなってしまえば、自分以外の人も大きく傷つけてしまう可能性がありますから、問題ないという考えではすまなくなってしまうことでしょう。

 

同乗者がすべきこと

車に同乗している人というものは、運転手に運転という責任を任せている状態になるわけです。

 

しかし、全てを任せるのではなく、同乗者としてサポートできることはたくさんあるでしょうから、それらを積極的に行なっていくことはとても重要ですよね。

 

たとえば、運転に疲れて交通事故を起こしてしまわないように、 定期的に休憩をすすめてあげるのもいいでしょう。

 

運転している人というのは、集中していると、案外休むことを忘れがちになってしまいます。 高松の街でコンビニを見つけて、ちょっと休憩してみる、なんてのもいいですね。

 

道の駅といわれるような休憩場所も高松だけでなく、全国各地にありますから それらを積極的に利用するのもいいでしょう。

 

そこで同乗者も一緒に休憩をとることで、お互いがリラックスすることが出来ますからね。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容