お見舞いに行く時の心得/バッグの中には何を常備するか

友人や親戚、職場の人など、自分の知り合いが病気や交通事故などで高松の病院に入院した時に、お見舞いに行くとなったら、何を用意していけばいいでしょうか。


お見舞いに持っていくと喜ばれるアイテムがいくつかあります。


果物やお花が定番ですが、果物はカットしなければならないし、お花は水の取り換えが必要です。 頻繁に見舞いや付添の人がいるような人であれば、そこら辺の心配は要りませんが。

 

また、果物を持っていく時には、注意が必要です。 病気で入院している人で、食べてよい物に制限があるような場合には、食べられない物を頂いてもちょっと気持ちは複雑なものです。


そのため、どのような病気、症状があるのか、配慮が必要ですね。

 

入院していると、時間を持て余すし、暇だという人が結構いるものです。


雑誌やコミックといった読み物は割と喜ばれます。 本の種類は決して押し付けではなく、その人の年代や興味に合ったものを選びましょう。


思い切ってお見舞いに何か欲しいものはないか聞いてみるのもいいかもしれません。


一つ、忘れてはならないのは病院の面会可能時間の確認です。 面会終了時間ぎりぎりに行っては迷惑になる可能性があります。 あと、お食事の時間帯も邪魔にならないようにしましょう。


突然の訪問だと見舞い人がかぶったり、診察時間だったりしてしまうので、できれば事前の一報はしておいた方がよいですね。

 

 

通勤やお出かけの時に持つバッグ。 高松でも、一部の人々の間で、この中身に変化が起きているようです。


今までバッグを持つタイプではなかった人が、持つようになったという変化もあります。


その理由は、緊急事態に備えるという、大事な意味があります。


高松でもいつ起こるかわからない突然の災害や交通事故、急病などの時に対応するためのグッズを持ち歩くようになったという人が増えているんです。


気になる中身ですが、特に多いのは、携帯電話やスマートフォンの充電器です。


電気が使えない事態を想定して、電池式やソーラー式のタイプが持ち歩きには便利なんだとか。
女性の人の中には、歩きやすい靴をバッグに入れているという人もいます。


これは、通勤などでヒール靴で出歩いていた場合に、災害で徒歩の帰宅が必要な時、歩きやすい靴が必要だからです。


一度帰宅難民を経験した人は、この苦労を身をもって体験しているので、やはり備えておきたいのでしょう。


ちょっとしたお菓子やキャンディーを入れておくのもいいですね。


その他には、自分の身分を証明できるものや保険証もあれば助かります。 もし、自分が負傷して搬送された場合に、IDを持っていると救急隊員に伝えやすく、役立ちます。


お化粧ポーチを持っている人は絆創膏やウェットティッシュといったものもポーチの片隅に入れておくと、いざという時に安心ですよ。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容