徐行の定義

車に乗っていると、時速40キロから60キロの速さに視界が慣れてきます。

 

時速20キロくらいのスピードでは、とてもゆっくり感じることでしょう。 ですが、歩行者にとって時速20キロは決してゆっくりではありません。

 

自転車の平均速度が時速15キロから18キロと言われていますので、それよりも速い速度となります。 加えて車体の大きさからくる圧迫感により、近くを走行されると恐怖を感じるのです。

 

高松にも細い道路が多々あります。 歩行者と同じ道路上を走行する機会もあるでしょう。 その際、どれくらいの速度で通り抜けているかを思い出してみてください。

 

お年寄りや子連れのお母さんは、自分の体の範囲よりも多くの範囲に注意が必要なため歩く速度も遅く、またふらつきがちです。

 

そこに自転車よりも早い車が通り抜けていくのは、かなり恐怖感を感じることでしょう。

 

また横を通り抜けるだけでなくT字路など横道から出てくる車は、一時停止するとはいえ、歩行者から見れば車体の大きさだけでも圧倒されます。

 

加えて停止する直前のスピードが速ければ恐怖感も増します。 時には、スピードを出し過ぎていい加減な一時停止しかしなかった車が、歩行者や自転車と接触してしまう交通事故が高松でも発生しています。

 

狭い道路を歩行者等と走行する場合、徐行が義務付けられています。

 

徐行の定義とはすぐに停止できる速度です。 定義上では時速40キロでもすぐに停止できれば、それは徐行とみなされることになります。

 

ですが、本当にそれでいいのでしょうか?

 

歩行者等に与える恐怖感を考え思いやりのある走行を心掛けましょう。

 

坂道でのブレーキについて

あなたの街では坂道が多でしょうか? 坂道での車の走行は加速度がつきます。

 

高松の街の中を走行する場合は、信号や横断歩道などで停止することが多々ありますが、山間部などを走行する場合、停止する機会がないため思わぬスピードになっていることがあります。

 

加速度がつくと、停止距離が長くなるので平地を走行する場合よりも長い車間距離が必要となります。 動物などが飛び出してきたりすると、思わぬ交通事故を起こしかねません。

 

加速度によるスピードが出過ぎないように注意することが大切です。 とはいっても、やみくもにブレーキをかけていればいいというものでもありません。

 

四輪車も二輪車も、フットブレーキや前後輪のブレーキを使いすぎるとブレーキのききが悪くなることがあります。

 

これはフェード現象やベーパー・ロック現象によるもので、どちらもブレーキパッドやディスクなどが過熱して起こる現象です。

 

これにより、摩擦力が弱くなってしまったり、ブレーキ圧が下がってしまいます。

 

できるだけエンジンブレーキを使い、必要に応じてフットブレーキや前後輪ブレーキを使用するようにしましょう。

 

一般的にAT車のエンジンブレーキはききが遅かったり弱かったりします。 余裕をもって早めにきかせるように注意しましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容