原動機付自転車のマナー

四輪車よりも運転が単純で、狭い道でも走り抜けることができる原動機付自転車。 高松でも使用している人をよく見かけます。

 

その手軽さから、自転車の延長ぐらいの気持ちで運転している人がいるのも事実です。 そして、二輪車には種類がありますが、原動機付自転車による死者がふくまれていることも確かです。

 

四輪車が進路を譲ってくれるはず、四輪車よりも弱者だからと、安全確認のすべてを四輪車のドライバーに甘えて運転しているために起きる交通事故もあります。

 

原動機付自転車が四輪車と接触する事故で多いのは、一時停止違反です。 自転車感覚で一時停止の標識を守らないため、出合頭に四輪車と接触してしまうのです。

 

また、四輪車側にも徐行を怠った責任があります。 四輪車のドライバーは、二輪車の存在にも気を配る必要があるのです。

 

他に起こりうるのは車と車の間を通り抜ける際に接触してしまう事故です。 これも、高松ではよく起こる事故です。

 

小回りがきく原動機付自転車は、四輪車と違って多少無理のある運転ができてしまいます。

 

ちょっとした隙間から前へ進みでたり、急な車線変更をしたり、車幅が狭いからこそ可能になる違反行為があります。

 

他の交通の妨げになるだけでなく、事故を起こした際には自分の身が一番危険になる行為です。

 

車道では弱者の原動機付自転車ですが、歩行者が相手となるとたちまち強者となります。

 

駐車場や店舗など、道路に面した場所に出入りするために歩道を横切る以外の目的で、歩道を走行してはいけません。

 

これは四輪車でも同様ですが、渋滞のときや左折の時などに歩道を走行している原動機付自転車を見かけることがあります。

 

歩行者を危険にさらす重大な違反行為です。 絶対にやめましょう。

 

路面電車と車の交通事故

高松にはありませんが、全国では自動車と路面電車が同じ道路を走る箇所が多々あります。

 

路面電車と車の安全な関わり方とはどのようなものなのでしょうか。 乗客が乗り降りするために停留所で止まっている路面電車に追いついた場合には、一時停止しなければなりません。

 

停留所に安全地帯があれば、乗客がいても徐行して進むことができますが、降車したあと無理に道路を横断しようとする乗客がいる可能性もありますので、安全を確認しながら徐行しましょう。

 

安全地帯がなく乗り降りする乗客がいない時は、徐行して進むことができます。 その場合、路面電車との間に15メートル以上の間隔があいていることが必要です。

 

車は基本的に路面電車の軌道敷地内を通行できません。 しかし、右左折や横断、転回のために横切ることはできます。

 

また、道路の左側部分の幅員が車の通行に十分でない場合や、道路工事などやむを得ない場合にも走行することができます。

 

軌道敷地内走行可の標識がある場合も走行できますが、補助標識によって車種を限定している場合がありますので、よく確認しましょう。

 

軌道敷地内を走行中に路面電車が近づいてきた時には、速やかに進路を譲らなければなりません。

 

路面電車の進行を妨げると、時間通りに運行できなくなり、乗客に迷惑がかかりますので注意しましょう。

 

路面電車との交通事故は会社側からの損害賠償を請求される可能性があります。 進路を譲る場合には十分な距離を保つことが必要です。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容