原動機付自転車のルール

道路整備により渋滞が減ってきた高松ですが、休日や連休はまだまだ車が長蛇の列をつく ります。

 

小回りがきく原動機付自転車を利用している方も多いのではないでしょうか。 しかしその乗りやすさから、四輪車や歩行者と接触するなど、交通事故も多発しています。

 

今一度、原動機付自転車のルールをおさらいしてみましょう。 乗車定員は1名です。 後ろに子供を乗せたり、おぶったりして運転するのは大変危険ですので絶対にやめましょ う。

 

原動機付自転車は、路線バスなどの専用通行帯や専用通行帯を通行することができます。

 

渋滞の時にこの通行帯を進むことができるのは特権ですが、バスなどの交通を妨げてはいけません。 あくまで邪魔にならない程度に走行しましょう。

 

反対に自動車専用道路は通行できません。 また、高速道路の走行も禁止されています。

 

二段階右折の標識がある道路や車両通行帯が3つ以上ある道路では二段階右折をしなければなりません。 あらかじめ道路の左端に寄り右折の合図を出します。

 

次に、青信号で徐行しながら交差点の向こう側へ直進し、右に向きを変え合図を消します 。 その後、前方の信号が青になってから進みます。

 

逆に小回りの右折の標識のある道路の交差点では、自動車と同じ方法で右折できます。 広い幅の道路で右折するときは、十分手前から徐々に車線を右に変更して行きましょう。

 

交差点の手前で急に車線を変更すると大変危険です。

 

小回りがきくからといって、他の交通の妨げになるような行為は避けなければなりません 。 ちなみにこの右折方法は基本的に自転車でも同じです。

 

ただし、幼児を乗せた自転車や子供が操縦する自転車は、歩道の走行が認められています。 それぞれの交通の特長を生かした走行で、安全に通行しましょう。

 

原動機付自転車と四輪車

小回りがきいて便利な原動機付自転車。 高松でもあちらこちらでよく見かけます。

 

原動機付自転車には四輪車とは違う特徴があるため、きちんと把握して走行することが大切です。

 

四輪車との一番の違いは、速度によって安定するということです。 低速になるに従ってふらつきやすくなるので、発進や停止の際にバランスをくずしがちです。

 

そのため安定した状態に早く移りたいがために、急発進したり、減速や徐行、一時停止を怠る運転者が多数います。

 

速度が遅い時はふらつきによる幅がでてしまいます。 車幅ぎりぎりの狭い場所を通行することは避けましょう。

 

また、でこぼこ道や砂利道ではバランスを崩して転倒する危険性がありますので、速度を落として走行します。

 

濡れた路面に落ち葉が落ちている場所はスリップしやすいので、急ブレーキや急な進路変更などをしないようにしましょう。

 

四輪車に比べて車体が小さい原動機付自転車は、四輪車のドライバーから見落とされる傾向があります。

 

走行時にはできるだけ四輪車の死角に入らないように注意することが、高松の交通事故を防ぐことに繋がります。

 

服装を明るめの色にするなど、四輪車のドライバーが自分に気付いてくれるように気を配りましょう。

 

運転中は常時、全照灯や尾灯をつけるなど他の車の注意をひくのもよいでしょう。 車体が小さいことを自覚し、周りの交通と関わっていくことが必要です。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容