高松で交通事故の被害者になってしまったら

万一、家族や自分が交通事故の被害者になってしまった場合、あなたはどうしますか?

 

これまでの人生がたった一日で一変してしまいます。

 

加害者側からの損害賠償が手間取っていてなかなか支払われない場合、被害者が直接加害者の保険会社に請求することができる、被害者請求という手段があります。

 

被害者が当面の生活費などに困る場合には仮渡金を受け取ることがきでます。 保険金には支払い限度額と仮渡金限度額がありますので、簡単にご説明します。

 

損害賠償金、仮渡金は損害の程度に応じて変化していきます。

 

死亡による損害の保険金限度額は最高3000万円、仮渡金の限度額は290万円と明確に決まっています。 死亡に至るまでの傷害による損害は最高120万円まで支払われますが、仮渡金限度額は程度によって40万円から5万円と幅があります。

 

また、介護を要する後遺障害による損害に対する保険金は最高4000万円、その状態 に至るまでの傷害による損害に対する保険金は最高120万円、傷害を受けた人に対する保険金も同じく120万円です。

 

後遺障害の補償費は75万円から最高3000万円とかなりの幅があります。

 

これは後遺障害の程度によるためですが、これからの人生、障害を抱えて生きていくには精神的な問題だけでなく、現実問題として金銭的にも負担がかかるという残酷な事実の表れではないでしょうか。

 

また、いずれの場合も仮渡金限度額にはやはり程度により幅があります。 詳しくは保険会社にご相談ください。

 

被害者になってしまった場合でも、正しい対応で金銭的な不安を少しでもぬぐえるように したいものです。

 

高松でもしもの時の任意保険

交通事故では必ずしも、誰かを傷つけてしまうとも限りません。 自分自身だけが損害を被る自損事故というものがあります。 高松でも、この自損事故の発生率は決して低くはありません。

 

強制保険では自損事故は保障されないので、もしもに備えて任意保険の加入をお勧めします。

 

任意保険とは、自損事故の他にも強制保険では保障されない高額な損害賠償や物損事故に対する保険です。

 

保障する内容によってセットや単独で加入することができます。 その種類を簡単にご説明しましょう。

 

保険の内容と種類は大まかに分けて6種類あります。

 

まず被害者に対する保険は、他人を死傷させた場合に対する対人賠償保険、他人の車や物 を損壊させた場合に対する対物賠償保険の2つです。

 

そして自分や自分の車に対しての保険は、車両保険と自損事故保険。

 

車両保険は自分の車が衝突や盗難にあった場合の保険です。 また、火災でも保険金がおります。

 

自損事故保険は単独事故で自分が死傷した場合の保険です。 これは対人賠償保険に加入すると自動的に付帯する保険となります。

 

他に同乗者が死傷した場合に対する搭乗者損害保険と、保険に加入していない車に衝突され死傷した場合に対する無保険者傷害保険があります。

 

事故が発生した場合は、60日以内に保険会社に事故内容の連絡をします。 示談や訴訟、事故車両の修理の場合にも早めに連絡しておきましょう。

 

また、車両保険や対物保険の場合には提出書類として状況写真が必要となりますので、注意しましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容