バイクの事故だと保険金は少ない?

こんにちは。 なるべく早く回答が頂きたいのですが、昨日、母が畑仕事の帰りに高松で交通事故にあいました。

 

まだ時間は6時前で早かったのですが、田舎道で信号もあまりなく、野菜の入ったコンテナを運んでいた母はよろよろ歩いていたのかもしれません。

 

後ろから走ってきたバイクに 轢かれてしまったそうです。バイクを運転していたのは若い大学生で、すぐにその両親も来て話し合いになったそうです。

 

母は幸い大きな怪我はせず、持っていた野菜を入れたコンテナが足の上に落ちてきた衝撃で足の指が痛いと言っていますが、家の近くの病院は週末休みなので、明日、週が明けてからかかりつけの病院に行って、きちんとレントゲンをとってもらおうと思っています。

 

一日経っても昨日と変わらず痛いらしいので、もしかしたら指の骨にヒビが入っているかもしれません。

 

それに加えて、今日は朝から腰が痛い、首が痛いなどと言っており、 場合によっては高松の大きな病院にかかったほうがいいのかも しれません。

 

こういう時の診断書は、なるべくきちんとその時に書いてもらったほうが、ちゃんと保険金が出る、と以前どこかで聞いたことがあります。

 

そのためには、やはり高松の弁護士の先生に頼むのがいいのでしょうか。

 

保険会社の担当の方に聞いてみたところ、今回はバイクの事故だし、うちの母も少 しの怪我であることだし、弁護士を頼むと返ってその分弁護士費用でもっていかれてしま う可能性が高い、と言われました。 本当でしょうか。

 

バス衝突事故で妊婦が犠牲に

先日大きくニュースでも取り上げられた高速道路のバス衝突事故で、一人娘が犠牲になりました。

 

娘は妊娠中で、私たちはバスの長距離の移動は危ないし、何かあってからでは遅いからと止めたのですが、深夜のバスの方がチケット代が安いし、子どもが産まれてからのほうがお金がいろいろとかかるから、今のうちに節約したいということで押し切られてしまいました。

 

出産は来年の春の予定でちょうど安定期に入ったところでした。

 

今までは義理の息子が車で送り迎えをしていたのですが、安定期に入ったから大丈夫だと言って、一人で帰ってくる途中でした。

 

お腹の中にいたのは私たちにとっては初孫でした。 性別こそまだわかりませんでしたが、本当に楽しみで、最近妻は孫に着せると言ってセーターだ帽子だと、編み物に精を出していました。

 

そんな中での今回の交通事故は本当に悔しく、やりきれない思いでいっぱいです。

 

バス会社からはお詫びの手紙や慰謝料の提示が届きました。 保険会社からも連絡がありました。 でも、いくら提示されても娘と初孫の命には代えられません。

 

私たちには他に子どもがいないので、もう孫の顔は一生見れないのです。 そう思うと、もう立ち直れなさそうです。

 

私たちの悲しみは、他に何人もお孫さんがいらっしゃる被害者の家族の方と同じに扱われ 、同額の保険金を支払われて終わりなのでしょうか。

 

ばかみたいな相談だと思われるかもしれませんが、もう孫が見れないという私たちの悲しみは全 く加味されず、お腹の中の子どもの命も全く世間的に認められないなんてどうにもこうにも気持ちの収まりがつかないのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容